« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月23日 (日)

ツーレポ 城崎温泉

今週土日曜は所属するモトグッチクラブの関西ツーリングに

参加。先週も雨にやられましたが 今回も初めから終わりまで 雨雨雨。。。

特に城崎は地元の人が口をそろえて「弁当忘れても傘忘れるな」て 

町の標語あるぐらい雨の多いところ。

そういえば 過去何回もここに来たけど 半分雨やったような気がします。

CIMG1459

メインストリート。宿は三木屋という

志賀直哉も常宿していた老舗旅館。

CIMG1427 CIMG1436

かに、但馬牛、松茸土瓶蒸し等 量味ともまあまあで

お酒抜きで16千円ちょい。もてなしもよく リーゾナブルでした。

CIMG1402

モトグッチじたい珍しいのに その中でも さらに

希少車が参加。まじ一生見れんかも。

CIMG1399

大阪Sさんの SP3

アップポジションの高速ツアラー

CIMG1403

東京KさんのT5

CIMG1470

グッチは運転中ライダーが左右に飛び出したシリンダーに左膝があたってしまいます。

安物の合羽をはくと写真のように溶けてしまいます。

CIMG1472

帰路不調になったルマンII 修理中

まあ 古いバイクばっかりなんで

ツーリングではお約束す。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

ツーレポ四国Vol.2

sikoku_043 sikoku_029

四国 瀬戸内西側の東予という町にある

キャンプ場で M嬢さんや九州からのお友達と合流。

Mさんのおいしい料理を食べながら なぜかラジオで野球観戦。

福岡の方方なんでソフトバンクの劣勢からの奇跡の逆転勝ちに

めちゃ盛り上がり 応援に力尽きて 皆さん 早々にダウンされました。。

sikoku_033

九州のOさんのドガティ社のモデル ムルティストラーダ

フロントがこおろぎみたいな 初のDual Purposeマシン 

乗せてもらいましたが 開口一番「ほしい!」

殿様すわり、軽くするする加速、そして コーナーリングがめちゃ良さそう

sikoku_036

CHさんのTDM850 ビデオカメラ、レーダー探知機

ハンズフリー携帯電話 GPS装置など あらゆる電子機器が

装着されていた。ちなみにバックステップにはビデオカメラの

取り付けホルダーも装着していた。

sikoku_043 sikoku_045

帰りは高松近くから高速で自宅へ約200km

XLR250のIさんについていくが 10馬力の差はいかんともしがたく

100km巡航ではあるが 上半身をたたみ 風圧を下げ 5キロアップ

でなんとかついていく。ああっしんど~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

Small is beautiful? ツーレポ四国

10gatu15_046

ち、ちっさ~ 50ccバイク? ちゃいます XLR200Rです。

息子のお古で 行ってきました四国林道ツーリング。

料理の師匠M嬢さんから 愛媛県 東予でのキャンプ会の

お誘いがあり 参加予定のIさんが 高知の林道走ってんで

私も同行させて頂ました。

10gatu15_004

金曜の晩 六甲アイランド PM10:30発 ダイヤモンドフェリーで

松山へ。 インターネット予約すると20%引き。初めて2等グリーンて

クラスを利用。JRの寝台をちょっと大きくしたような 2段ベッドで

かなり快適でした。

10gatu15_009

翌朝 7:15分着 走って30分 早朝からオープンの

道後温泉で一風呂。温泉は天窓が改築してつけて

あり 以前とちがってずいぶん明るい風呂場になってました。

10gatu15_011 10gatu15_014

まずは33号線で南下して ほうじが峠の

林道を走破 小雨降る中  快走。

久々のダート走行楽しい~

その後 440-439号線で 渓谷の中、川沿いの

ワインディングロードを北東へ。雨で山の景色が鮮やかに。

XLR200は18馬力、 スピードはでません。いつものツーリング速度より

20キロほど遅いペースで巡航。しかしこれがまた 気持ちい~

トントントンとホンダ独特の単気筒音を奏でながら プルプルと車体を

やさしく振動させながら 峠をとことこ上がっていきます。ゆっくりと

景色が流れていきます。高速ツーリングもいいけど これもまた

たまらんすね。や、やめられまへんな~

10gatu15_022 10gatu15_023

弘沢林道から 東谷大森川林道を

30キロぐらい2時間かけて走破。

路面は泥でにゅるにゅるかなり走りにくい。

それでも このXLR200 足がばたばたつくし

車体も100kgと軽いって リラックス。

レイドーアフリカツインーXR600と大型オフに

腕も無く乗ってたけどいつも緊張 正直乗りこなして

なかった。 今回思ったのは 「腕相応のマシンが

楽しい」ってゴルフで距離を捨てたらスコアがあがる!?

て感じでしょうか あはは

10gatu15_016

10gatu15_026

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

峠越え

10gatu810_023

週末は 兵庫県 出石街道峠を自転車で走破

得意のファットバーナー走法で頂上へ。この道 参勤交代に

使われていたそうな。写真は愛機 ロッキーマウンテン社の ハマー

クロモリフレームのMTB くにくにと走っていきます よろしおまっせ~

10gatu810_027

麓にあった 高中そば 地元のそば粉と山芋材料でめちゃうま

10gatu810_026

付録 山でみた ジムニーのパトカー へへへ

10gatu810_011

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

シリーズ 私の愛したバイク達Vol.2 XS750SP

XS750SP

2番目に思い出深いバイクは 初めて買った大型バイクXS750SPだ。先にレポートした 

パトカー逃走事件により泣く泣く手放すことになった愛しきバイク。 

手放す時の胸の痛みを今でも覚えている。

確か発売は1979年 XS650SPと共に発売され ジャパニーズ

アメリカンバイクのブームの火付け役となった。

実際はTX650のバーチカルツインのエンジンを搭載した650SP

XS650SP

のほうが よりチョッパーらしく人気があった。私も650を買おうとして

いたが友達のS君(今でも現役ライダー)が速攻購入したため断念。

カワサキの名車ZIIとか選択肢がある中 このXS750SPをチョイスした。このころから

いつもマイナーなモデルばかり購入するようになった。

エンジンはロードモデルのGX750譲りの空冷4サイクル3気筒。当時ではめずらしい

シャフトドライブ仕様。外観はアメリカンとは名ばかりでティアドロップタンクに

ショートメガホンマフラー、段付きシートをつけただけで中身は普通のロードモデル。

しかし この3気筒エンジン フィーリング最高。低速ではどこどこ、4000回転あたり

でガルルと唸り その上でキュイーンと加速していく。ブレーキもトリプルディスクで

よく効くし バンク角もありコーナーではかなり速く走れた。

リーのストームライダー、ワークシャツにバンダナ巻き、ワークブーツ、レイバンのサングラ

ス、ジェットヘルのアメリカファッションで シーシーバー(背もたれ)を付け

荷物とカセットを括りつけて初めて旅にでた。「しぶ~い かっちょえ~」と路上

店のガラスに写る自分の姿に自己陶酔するようになったのも

このころからだ。 今でもヤフオクとかこのXS750SPがでると

購入したい衝動にかられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »