« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月24日 (月)

私の愛したバイク達Vol.V ホンダCL65

Europe_0605_lisbon_london_440 ホンダ CL65 1967年頃

初めて所有したバイクはだれでも思い出深いはずだ。

16歳 悪友の影響で原付免許を取得。親父にだだをコネまくって

もらったバイク代3万5千円。 

原付を買いに 大阪松屋町の

中古バイク屋街へ飛んでいった。

しかし 当時でもこんな予算じゃ 人気のある

モデルなんて 中古でも買えやしない。ちなみに

50CCでは 70年代前半 ヤマハのFX50(後の

RD50)や 74ss ミニトレ、

ホンダだとCB50なんかが

人気があった。散々店を回ってやっと予算に合うバイクを

見つけた。街のはずれのぼろっち~い薄暗いバイク屋。

よごれたつなぎを着た くたびれた親父が

「にーちゃん このバイクはなー カッコは不細工やけど 

馬力はあるで~」と意味ありげなPR.

それもそのはず 後でわかったのだが 

なんと 65CCのバイクを 原動機番号を打ち直して

50CCで売りつけていた。

白黒で実用車みたいなデザイン。 友達に「TVで見てたら

ベトナムで難民がこのバイクに乗っていた」などと 

散々馬鹿にされたが 峠なんかでは最新型の50CCを

15CCの排気量増しでぶっちぎり 鼻高々だった。

このバイクを手に入れ 行動半径が一気に100km範囲に。

楽しくて楽しくて そこらじゅうを走り回った。

中でも 学校の仲間 6-7人で行った六甲山のツーリングが

思い出深い。皆で私の実家に泊まり 近所にバイク騒音で

大迷惑をかけ。(実家は閑静な住宅街 後で苦情がきていたそうだ)

翌日は六甲山へ。確かGWだった。ノーヘルの時代だ ゴルフ帽に母親の

サングラス(サイケデリック?)。途中 歌手の中条きよしそっくりの

警察官に止められ 何が原因か覚えてないが

全員一列に並ばされて延々と説教を受けた。

オイルショックでガススタンドが休みなので

見知らぬ自家用車を止めガスをわけてもらう。

ガスタンクにホースを突っ込んで

げほげほ言いながらガスを吸いだした。

仲間がワインディングでオーバーラン 

それが原因で坂道発進に失敗した

車が後ろの車にぶつけたり 運転手が追っかけてきたりと

はちゃめちゃな ツーリングだった。

結局 このバイクは1年乗り 知り合いの人にゆずった。

もらった お金でコンバースオールスター(皮)のハイカットを買った。

9800円 30年前の高校生には羨望のバッシュだったが

1ヵ月後 高校の学食で盗まれた しゅん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

キャンプ会のご案内

うい~し

GWなんで 道もキャンプ場も混んでるし 条件良くないですが

どうにもキャンプがやりたくて以下企画しましただ。

現在までのところ 富山の兄弟と私の二人だけの参加予定ですが

まだGWスケジュール決まってない方 よかったら来てくださいまし。

ちなみに 魚釣りができるみたいなんで 釣り道具もっていきますかな

アジぐらいは釣れそうです。予約ができないので 当日場所取りに

なります。 よろぴく

                     記

日時:2006年5月5日午後3時~5月6日適当に解散
場所:鮎川園地キャンプ場 福井市鮎川町
  305線沿 http://www.ayukawa.jp/contents/access.html
  予約不可にて適当に場所取りやってます。

食事は原則各自持参 まあ また適当に作りますけど。

ドタ参加キャンセルOKす

以上 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

中国レポII 料理編

Cimg3306

今が旬の 空心采

みじん切りのにんにくと一緒に炒める。

私の大好物

Cimg3364

本場トンポーロー

とろりと口の中で溶ける 旨い

しかし 長崎産も同じレベル

Cimg3353 Cimg3351

アヒルの首 豚の尻尾

よう食べんかったのでコメント無し

Cimg3380 

フカひれスープ パンプキンスープ

みたいな味付け

Cimg3381

スッポン鍋は人気がある。流石に血は飲まないが

概して 最近の中華料理は 昔みたいに油を沢山

使った料理が少なくなってきたと思う。油が多いのは昔の

食料難の時 満腹感を得るために多く使用したそうで

最近は健康ブームもあり あっさりした味が人気がある。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

海外レポ 中国 白酒連荘

Cimg3354_1

「飲みあがり」と

いうそうだ 強い酒ばっかり飲んでると

少々の酒では酔わなくなることを。

先週は中国で一週間 連日宴会。 ほとんど白酒 

おかげで 帰国後 日本でなんぼ飲んでも酔えんように

なっちまった。ひ~

Cimg3319

10数年前 一人で武漢へ

その時知り合った友人。

一商社マンだった彼も

今では青年実業家

800万円のBMWを

運転手付きで所持。

大きく動いているこの国では

こんなサクセスストーリはざら。

Cimg3376

バブリー

招待された北京でもトップレベルの

中華料理店。流行っている。

メニューには一杯 125元(1875円)のお茶が・・・

翌日 社員と食べた昼食は3人で50元なのに 

Cimg3308 Cimg3309

武漢の街頭賭けマージャン

違法だがところどころで

他に賭けトランプもやっていた。

Cimg3384

北京 天安門近く 広い自転車専用道がある。うらやましい

電動自転車がかなり走っていた。日本との流行に差は無い。

Cimg3312 Cimg3313

大きな街には 近代的な百貨店や大きな

スーパーマーケットが。

ブランド衣類は日本で買うほうが安いようだ。

米は日本の10分の一 写真のスクーターは

3万円少々

ナイトスポット

写真を撮り損ねたが 北京西部 小さな湖畔にある

後海というナイトスポットに連れていってもらった。

西欧スタイルのカフェバーが10数件 ライブもアメリカの

レベルの高いバンドがやっていた。雰囲気抜群

六本木よりいかす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

中国へ お土産事情

今日から久々に中国出張だ

武漢ー杭州ー北京 1週間だが連日宴会が入ったおり

恐怖の乾杯地獄が・・・・生きて帰れるのか は~

根性で乗り切るしかない マジ身の危険を感じる。

ところで 中国はお土産の文化があり 毎回 出張で頭を

痛めるのが土産の選択である。

89年ごろ訪中したころは まだマヨネーズなんて

喜ばれていた。しかし今の中国はなんでも手に入るし

決定権を持つようなキーパーソンはなんてたいがいの

物を持ってる。それで訪日経験のある人には 日本の米を

あげると喜ぶ。日本の米は客観的に見て世界で一番うまいと

思う。中国では日本の米はほとんど手に入らない。

また ブランド品の化粧品 SK-Ⅱなんて喜ばれる。

嫁なんて「私も使っていない高級品なのに」と憤慨して

いるが 概してウケはよいようだ。

しかし 女性ばっかりの店でこの化粧品の買い付けは

恥ずかしく苦手だ。ただ 毎回 大量に買い込む私には 

めちゃくちゃ店員さんの愛想がよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西国街道

0306_fhi_panel_welder_004

今日も自転車ツーリングに出た。楽しい・・・

これで3週連続だが 遠くに行かなくても

近所で ゆっくり走れば 小さな発見が

いっぱい ちょっとした探検気分。すこしだけ

走るつもりが終わってみれば 43キロ走行していた。

のんびりペースなので筋肉痛とかまったくない。

自宅から 茨木ー高槻に 旧街道のくねくね

した西国街道を西に走る。

0306_fhi_panel_welder_007

西国街道は 京から西に向かう脇街道(伏見ー

西宮)だったが ところどころに道標があるものの

写真のような住宅街の普通の道

0306_fhi_panel_welder_009

高槻あたりの芥川一里塚

街道の目印として 4キロ(一里)ごとに塚を築いて

榎木を植えたのが一里塚。この辺りには

数十の旅籠があったらしいが面影はない。

0306_fhi_panel_welder_014

そこから南下し芥川、淀川、安威川の河川敷の自転車道

を快走。写真は淀川 この手の道がロードバイクには

走りやすく 歩道は苦手だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

アフリカツイン その2 兄弟舟

・・・て 意味ありませんが

このアフリカツインのサークルで知り合いに

なったのが 本ブログに度々登場する

富山の兄弟と ほっけさん とまことさん。

リンクしている富山の兄弟ブログでも 今 アフリカ関係

紹介されてますだ。

文面中の謎の酒とは 中国で結構有名な

三鞭酒。犬、おっとせい、と鹿の

局部を焼酎付けにした 滋養によくきく。

何故かラベルに至宝などと効能が

書いてあり キャンプ会で振舞ったら

皆 翌朝 モーニングエレクトした。

その効能の程は臨床試験済

そのあたりお悩みの輩は是非

お試しあれ。

実はこの三鞭酒を生産しているメーカーは

張裕という 煙台にある 中国でも

トップクラスのワインメーカー。

ほな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

私の愛したバイク達IV アフリカツイン

Europe_0605_lisbon_london_473

ホンダ アフリカツイン 91年型 モデル RD-04

5年間で約5万キロ走行した。

パリダカレース用マシンをベースにした 

デュアルパーポスマシン 長い足回りでオンもオフも

道を選ばず でっかいタンクと楽な姿勢で長距離を

楽々こなす、積載量もかなりあり 長距離ツーリングには

うってつけのマシン。このバイクのサークルを通し 

全国に友達ができた。旅好き アウトドア好きな連中の集まり

で カヌーやその他の趣味人に遭遇できたもの

このバイクのおかげ。

Europe_0605_lisbon_london_474

最終型のRD-07型ではなく

よりラリーマシンらしいデザインの

RD-04が好きだった。

お下品なち○ぽブラザースもこのアフリカツインの

サークルが始まりだ

Minosan

パニアをつけて 170リットル 過積載

本栖湖の氷点下キャンプ会に参加

ダッジオーブン2個で まぐろかま酒蒸し、

鳥一羽まるごと中華がゆ

パエリア そしてパンなど料理を作りまくり。

マイナス6度で 飲んでも飲んでも酔わなかった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

最新歯科医設備

Image57

顎関節症 :顎がずれたり 外れたりする症状。

ボクシングを始めたせいか どうやらこの

症状らしい。その分野で評判の歯科に

行ってきた。現代人には多いらしい。根本的に

顎の関節を治すと 歯並びやかみ合わせまで

調整するため 多大な時間と費用がかかる。

実際的な 歯の摩擦を減らすマウスピースで

対処することにした。

しかし 最新の歯科医院の設備 おそれいった。

患者の目の前で 診察台に備え付けたPCモニターで 

動画を見せながら症状を説明。

歯に特殊な薄い板を挟み それをすぐ検査器にかけ

個々の歯のかみ合う部分と噛む力の圧力をグラフ表示。

デジタル化がすさまじい。しかし 過去最高の

歯科医は 取引先に紹介された 新宿の医者

だった。なんせ めっちゃかわいい助手の

膝枕に頭をのせて 治療を受ける。

営業的には いい狙いだったが 

ぼんぼんみたいな若い医師の腕は悪く 

すぐ詰め物がはずれるのが難点だった

 がはは

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

ツーレポ 猪名川ー武庫川

Cimg3274

この土曜日は 自宅から西に向かい

伊丹空港で 猪名川沿いに大阪港近くまで南下

神戸に向かい 武庫川から今度は北上し

宝塚経由で帰宅

走行距離 64km 

Cimg3276

モンベルの フロントツーリングバックを装着してみた。

地図を見るのがとても楽 おにぎりを放り込んで。

Cimg3275

ハートレートモニター付きメーター

クランクにもセンサーが付いており

漕ぐ回転数も表示できる。

これで心拍数を120以下にコントロールするが

ちょっと坂道になるとすぐ140前後に なるので

山道は実際的に減量ツーリングにはむかない。

・・・・しんどいし

Cimg3278

武庫川の自転車道は10数キロあり 空気

景色もよく専用道だけに快走できた。

こんな道がもっとほしいものだ

桜は3分咲きなれど 河川敷きは花見客でいっぱい

Cimg3287

帰りにいきつけのトライアルバイクショップに

立ち寄る なぜか 富山の兄弟ご推薦の

悪名高き北海道土産 ”ジンギスカンキャラメル”が。

恐る恐る食べる マトンの味がしたす

うがっ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »