« 鮎川キャンプ会無事終了 | トップページ | ツーレポ GW鹿児島 番外編 »

2006年5月 9日 (火)

ツーレポ GW鹿児島 II 知覧

Gw06_kagosima_025

ホテルは中心部にある グリーンホテル錦生館

ネットで探した格安料金二人で一泊1万円。期待はずれに

設備はよかった 温泉付きで従業員の対応も親切

得した気分。

5月3日 知覧

Gw06_kagosima_140

さて 3日目は 特攻隊の飛行場があった知覧へ

峠あり ちょっとロング 予定では80kmのコース。

自転車で峠越えなんて小学校以来やったこと無し

それも未経験距離の80km。この

衰えた体力でほんとにできるか不安。

大学時代自転車部で鍛えていた嫁も

同じく「途中引き返えすかも」と

ちと弱気。

午前8時スタート

まずは国道を10数キロ南下 やたらと

中古自動車屋が多い。

Gw06_kagosima_142

いよいよ 県道23号線に入り峠道登り

開始。ギアは一番軽くしても

かなりトルクがかかる。ぐるし~

すぐ息があがる。数キロ走って更に

勾配がきつくなる。嫁に「ちょっとやすまんか」

と泣きを入れるが「峠で途中止まったら二度と登れ

なくなるよ」とオファーは軽く一蹴される。

Gw06_kagosima_143

むむむ この一言に家長としてのプライドが!

それからは二度と泣き言なく もくもくとペダリング。

漕ぐこと30分 おおっ!やっと頂上か・・・と思ったら

非情にも登坂車線の標識 ガックシ 

気を取り直しなおもぎりぎりとペダリング。

やがて不思議としんどさが無くなってきた。

覚醒した感じ・・・

1時間弱かけて頂上に到着 う~んこの達成感

えらい気持ちがいい。

そこから薩摩の小京都といわれる

武家屋敷郡まで10キロ弱の下り。

途中 自動車にわざと幅寄せされる。バイクだと

追っかけて抗議するのだが 自転車では「ばっきゃろ~」と

虚しく叫ぶだけであった。ぐやじい

Gw06_kagosima_158

高城庵という武家屋敷の店で

郷土料理を味わう。揚げたての

薩摩揚げぐらいかな美味しかったの。

Gw06_kagosima_176

本日のハイライト 知覧特攻平和会館へ

館内には神風で散っていった1036人の遺影や

遺品が並んでいた。最年少17歳・・・

戦闘機飛燕や海中から引き上げられた

戦闘機が展示されていた。

Gw06_kagosima_184

知覧はお茶で有名 茶畑の道を走る

刈り取りはこんな機械でやっていた。

Gw06_kagosima_205 Gw06_kagosima_207

帰りは国道を避け 県道19号線で

北上。抜群のサイクリングコースを堪能

した。本日の走行80km

|

« 鮎川キャンプ会無事終了 | トップページ | ツーレポ GW鹿児島 番外編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106751/9993487

この記事へのトラックバック一覧です: ツーレポ GW鹿児島 II 知覧:

« 鮎川キャンプ会無事終了 | トップページ | ツーレポ GW鹿児島 番外編 »