« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

最強ネイキッド?

News050307k1200r011

土曜日はいつものハーフデイツーリング グリーゾで

茨木ー余野ー亀岡に向かう。快走できるこの中速

ワインディングロードは自然に走り屋があつまる。

今日は乗り切れていないCBR1000をつっつきながら

走っていると後方から ずばっと DR400Zモタードが

抜き去っていった。さらに異形のフロントフェースが

バックミラーに 確かBMW? コーナーで離しても 

あっという間に追いついてくる。ひ~

帰って調べてみると K1200R

なになに 最強ネイキッド 163PS 

コーナーリングもよしって

・・・相棒グリーゾ 88PS うーむ

コーナーリング技術をもっと

磨けねば

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ショートツーリング 和歌山

20060722121628

雨雨雨・・・・全国豪雨大被害の中 もうしわけね~

間隙をぬって和歌山にちと一走り 目指すは

熊野本宮大社 願わくば 温泉でちょっとまったり・・・

スタート前にグリーゾのミニカウルやキャリアとかの

アクセサリーをはずした。

やはり このバイクは素がよい。これからは かっこ重視で

高速走行での向かい風など 根性で耐える

ことにした。・・・男のやせがまんに美学あり!

ルートは近畿自動車道ー名阪ー370-169で南下し 

168でリターン。川沿いの中高速コーナー堪能を目論む。

但し親父の誕生会が晩あるので

5時半にはもどらなければならない。

20060722134826

2時前に到着 あかんえらい時間がかかった!

長い階段をダッシュで登り目当ての熊野本宮の

交通安全ステッカーをゲット。

日本サッカー協会ロゴの元となった

3本足カラスのデザインだ。

残り3時間半 むむむ時間が無い 

しゃーない温泉断念じゃ

この回りには温泉地温泉、湯の峯温泉、

ツボ湯、川湯など温泉天国なのに・・・がっくし

急ぎルートも変更 R311でいっきに西に向かい

白浜のすぐ北のみなべインターから 阪和自動車道で

ぶっとばして帰った。途中 CB1300と競り合いになったが

軽くちぎる・・・馬力は少ないがしっかりした

フレームと足回りでコーナーが安定しちょうる。

グリーゾ かっこだけとちゃうみたい たのもしいぞ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大和ミュージアム

20060720113913

出張で 広島県の呉に行った。訪問したお客の造船所で

戦艦大和が作られた。同行したスタッフとその話題に

なると大和の博物館が呉にあるという。 そこでちょっと

立ち寄ってみた。

去年4月オープンだそうだ。尾道の大和も映画用セットの

主砲はここに後々移設される予定。

いきなり博物館の正面には 謎の沈没をした戦艦陸奥の

巨大な主砲、スクリューや舵が・・・でかい。

500円の入場料を払い中へ。

20060720115232

大和の生まれた 帝国海軍第一工廠の生い立ちや呉の歴史が。

大和の実際の大きさのボイラーの模型もあった。

20060720115431

海底から引き上げられた乗組員の持ち物

乗組員の遺影も飾ってあった。

20060720120225

10分の一サイズの大和の模型が・・・それでもでかい

20060720115705

特攻 回転のプロトタイプ 実物を見るのは初めてだ。

20060720120022

どちらも引き上げられた 特殊潜航艇 とゼロ戦

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

豪雨 平湯キャンプ会 無事 Vol.3終わり

2006_7_15_034

二日目 午前中 依然大雨の中

やっと ダッジオーブンでパエリアを作り 

皆に振舞い肩の荷がおりた。

Hirayu_06_007_1

近くの平湯温泉へ Tさん&富山の兄弟カップルと

と徒歩で向かう。何で俺だけ一人なんや!

テント寝の後 それも雨天で ストレスの溜まった

体を温泉でいやす・・

Hirayu_06_009

帰路立ち寄ったレストランの山賊焼き 変わった鍋だ。

上部で焼肉 下部でしゃぶしゃぶ 出汁でラーメン

Hirayu_06_020

キャンプサイトに戻り 夕方から

再び宴会 兄弟が得意のいんちき

カレーを作っている。

20060716232614

二日目は焚き火にした

濡れた体にあったかい

しかし 夕方から奇跡的に雨が止む

2006_7_15_050

5名が帰ったが 翌日大雨予想の中

東京から 強者が参加してきた。

笹塚からなんと3時間十分で到着

あんさん ど速過ぎ!

モトグッチ カルフォルニアII(85’)に乗る

Mさん。超小型のテントを設営し 宴会に参加

今日は人数が少ないせいか 雨が止んだせいか

かなりリラックスでき話し(もちろんシモネタ)が

弾む。そして 深夜再び大雨

Dscf0017

早朝 豪雨 タープ中でも水びたし。

一人一人メンバーが間隙を縫って撤収する中 

兄弟と二人 いつものように残った材料を

黙々と料理し 振る舞いそして 食べ続ける。

これが我らのお約束だ

結局 午後11時ごろ 撤収し 高速で大阪へ

雨が少ないだろうと 名古屋コースを取るが

帰路全て雨でした。 しかし カルフォルニア

大型フェアリングで疲労も少なく 

帰りはガス補給のワンストップのみ

グランドツアラーのありがたさを痛感しましただ。

スタートから帰還まで 約60時間中45時間が

雨雨雨のキャンプ会でした。帰宅するとなんと 

大雨警報まででてますがな ひ~

・・・辛いことも終わってみると楽しい思い出っすか

来年もやろか~ ほんまか

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新規リンク ダカールさんのブログ

今回の平湯キャンプ会など 度々登場する ダカールタケさんの

ブログとリンク張りました。もう10数年のお付き合いになりますが

年々バイクの遊び方が過激になっているようなないような

ブログは写真が綺麗 バイクを中心の話題が豊富です。今回の

平湯キャンプ会もたくさん写真が掲載してますので

是非ご覧くださいませ。

「ダカール号の旅行と四方山話」

http://blogs.yahoo.co.jp/ktake231228/MYBLOG/yblog.html?fid=971353#9839417

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨 平湯キャンプ会 無事?vol.2

Dscf0015

現地には4時過ぎに到着。東京Tさんカップル、イノさん、

富山の兄弟カップルがすでに到着していた。

雨は降ったり止んだり 「この程度ならなんとかなるか」とすこしほっとし

早速タープで宴会場を設営。炭も起し そうこうしているうちに

残りもメンバーも到着 。

Dscf0002 Hirayu_06_021

酒も料理もすすみ宴会も盛り上がって

いったがそれに比例して雨量と風も増大! 総勢12名

後ろから襲う雨を合羽と傘で身を守りながら肩を

寄せ合っての宴会となった。今回は久々に会う遠路の友達や

カップルの方々が参加するのでダッジオーブンで

大型料理を作ろうとしてたが こんな状況にて

ギブアップ。反省1: ブルーテントでタープの横からの風対策

反省2:雨のときは炭より 焚き火(2日目にその効果判る)

しかし 事前に お気に入りの阪神百貨店

地下食料品売り場で仕入れた 何種類ものレア缶詰缶で

よろこんでもらえたと思う。持ち込んだ誕生日にもらった美味しい

シャンペンとお気に入りの鹿児島芋焼酎十六代一升瓶は

すぐ空になる。反3: 我らノンベーキャンプ 焼酎は最低

一升瓶は2本必要。

残念なのは 大阪から参加したS君達と携帯が通じず

せっかくキャンプ場に来てもらったのに会えなかった事。

兄弟も手伝ってくれて夜中キャンプ場を探したのだが

(結局 我々の近くにいたそうだ)

反省4:通信状態のチェック、大型キャンプ場は

集合場所の連絡必須

しかし 一日目 雨予報にも関わらず 集まった キャンプ大好き&

バイクベテランメンバー 以下ご紹介しときます:

東京 Tさんカップル:マジェスティ 宅急便で荷物を送り

Tシャツ短パン余裕のツーリング。特価品のテントを持ち込むが

夜中の大雨で浸水(床上浸水)となる

東京:Mくん アフリカツイン 到着早々 駐車場で大転倒

皆にはやくも大うけ。あやしげな秘酒 三鞭酒を持ち込み

秘密会員獲得を狙うがならず

東京:Oさん MVアグスタブルターレ&Mさん SR400

昨年の平湯キャンプ会で知り合ったOさん 昨年の

我々のキャンプスタイルに感化されたか 今年は料理に

挑戦。イタリアンレーサーに限界ぎりぎりまで

荷物を持ち込み さらには友達も連れてきた。

富山の兄弟 カップル:アフリカツイン RD04型

タープや料理道具満載の上さらに彼女も乗せての超過積載。

同伴のせいかいつものお下劣シモネタ話に精彩がなかった うひひ

ダッカール竹さん: BMWダッカール 昨年も参加 今回平湯キャンプ

再開催の提案者 今回の長老だが だんだんバイク遊びが

過激になってきてるようなないような 最近開設したブログで

今回のレポの楽しくあげてくれるはずだ。

イノさん: バハ しかしこの年季の入ったバハいったい何キロまで

走行距離を伸ばすのだろう また今年も林道行きましょうね

ヤッサン: アフリカツイン RD07型 昔はダッジオーブンの12インチ

ディープというとんでもない大きさの鉄鍋も積んできていた。

今でも焚き火台や料理道具満載 キャンプではいつも皆に貢献

Nくん:カワサキ KLE400 北海道旅行の達人 先週北海道から

持ち帰ったジンギスカンを皆に振舞ってくれた。

2日目に続く・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

豪雨!平湯キャンプ会無事?vol.1

20060715105745

7月15-17日平湯キャンプ会 無事終了しました・・・ほんとに

みんな無事帰ったんやろか ちと心配

15日は大阪8:30スタート 雨も無く好調に高速を北上

福井IC でおり いつものレストランでお約束ソースカツどんを食らう。

普通のカツどんは好きではないがここのソースカツは旨い!

そこから 東へ一路 平湯温泉へ

田園地帯から九頭竜湖岸を走りぬける158号線 

中高速コーナーが続く

高いギアでコーナー進入 ゆっくりアクセルを開くと プリプリプリっと

車体を小刻みに震わせ加速 グリングリンとジャイロみたいな

エンジンフィールでつぎつぎとコーナーを立ち上がっていく・・・

「ふぃ~ほんま グッチのコーナーリングはたまらんな~」と

一人にやけヨダレをたらしながら走る 相当なアホ面になってた

はずだ。

しかし 若干の雨ありとの天気予想だったがほとんど雨無し 

「なんや また雨の予想はずれかいなしゃーないな 今回は

晴れ男がよーけおるかいの よっしゃ これでキャンプ会も

ばっちしやの」と・・・・・楽観

Hirayu_06_001

高山着 食材を買い増し満載の馬車馬 カルフォルニア

この状態で走ってもびくともしない。さあ 後30KMほど、

キャンプ場先着の東京Tさんに電話いれる。 すると

えっ!!! 現地では大雨!?まじっすか?の連発

とにかく 通り雨であってくれと祈りつつ

アドバイスどおり合羽を着てすぐさま

キャンプ場へ向かった。。。

続く。。(ほんまか)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

平湯キャンプ会

みなさん こんにちは

平湯キャンプ会も いよいよ明日になりました。

天気は明日は大丈夫そうですが 日、月と崩れそうです。

キャンプ会は先に掲示しましたとおり 雨でも決行しますが

参加不参加は 各自状況ご判断の上お決めください。

車での参加はもちろんOKですが キャンプ場に

当日でも予約を入れてください。料金は当日払いで

OKのようです。

一応タープを持ち込みますので 現地での雨しのぎは

できると思います。車で来られる方でタープお持ちの方は

持参頂ければ幸いです。

それでは道中 お気をつけて

おいでください。

簑原 携帯: 090-1488-4731

携帯 メイル: papakanshu@docomo.ne.jp

以上

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中国特産?

Cimg4233

いや~ たいしたネタではないのですが

先日 中国で見つけたキーホルダー

です。なんと 本物のサソリのプラスチック漬け?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

慣らし運転&クラブツーリング

Cimg4220 

所属するグッチのクラブは東京が本部にて 

開催されるツーリング地は遠距離が多く たまに

しか参加できない。しかし 今回は100回記念ということで

参加することにした。場所は浜松航空自衛隊基地。

問題はグリーゾの慣らし運転。 納車からツーリングまで

休み5日間で 1700km走った。それもほとんど一般道路

Cimg4222_1

小雨の中 到着 眠い ツーリング前夜は

いくつになっても興奮して眠れない。

Img20060711025257

米国とかの博物館には流石に見劣りするが

実際に戦闘機のコックピットで操縦体験ができるなど

充実していた。やるな 航空自衛隊 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

グリーゾデビュー その二

Griso_010_1

グリーゾ独特のデザインは他に類似車無く

カテゴリーレスと称されている。ローアンドロング、 

グッチ独特の左右に飛び出すシリンダーをより

強調する外装、極太のマフラー エキパイ 

ぶっとい前後タイヤ 獰猛で筋肉質でありながらも

洗練されたフォルム ちょっと悪のイメージが。 これすよ

これ 不良中年の私にピッタシのデザイン。

私がバイクを乗り出した70年代前半は

バイク=暴力=不良の社会的認識やったす。

暴走族が500台集まりパトカー12台全壊なんて

新聞で結構社会問題化してました。

実家の清楚な住宅街では大型バイク

なんかだれも持ってないし 乗り出したとたん 

周囲から白い目で見られ 即不良扱い・・・

そういうバックグランドからか 悪っぽい 強さを感じる

デザインには特に惹かれます。

Cimg4036

ところで 以前から持ってた モトグッチのカルフォルニアは

買い替えで委託販売にだしてましたが

結局売らずに取り返してきました。駄馬ですが

 グリングリンと重し車が回るような

独特のエンジンフィール 長旅を共にした愛着&諸々

手放すことができませんでした・・・・

は~よかった手元におけて

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

雨天決行 平湯キャンプ会

毎度 みなさん こんにちは

さて 平湯キャンプ会もいよいよ今週末と

なりました。天気はわかりませんが

一応 豪雨とかでないかぎりこのキャンプ会は

決行することにします。みなさん お気をつけて

いらっしゃいまし。旨い酒飲んで 美味いもの食べて

いい空気すって 語らって たのしみましょう!

           記

.日時: 平成18年7月15日午後4時ー17日午前10時

      (チェックインは午後2時 チェックアウトは午前10時)

      一泊だけでもOKです

2.場所: 平湯キャンプ場 岐阜県吉城郡上宝村平湯

      マップル 中部北陸 P79 6-G R158 沿い

      電話:0578-9-2610(8:00AM-6:30PM)

      時間外 0578-9-2755 ファクス 0578-9-2130

      http://www.nande.com/camp/

3.食事及び飲み物は各自持参ください

4.大雨、豪雨等荒れ天候でなければ開催します。

5.荷物は宅急便でキャンプ場は受けつけてもらえますが

  事前にキャンプ場に連絡してください。

6.車での参加OKですが 車のキャンプサイト予約が必要なようです

  キャンプ場にご確認ねがいます。

テントは 昨年と同じ 受付の建物の道路を隔てた

バイク用サイトに設営しましょう

以上 よろしく

簑原 携帯:090-1488-4731

携帯メイル:papakanshu@docomo.ne.jp

PS. UK爺さん 都合悪くなり不参加の連絡ありました。

富山の兄弟 存分にしもねた振舞ってくださいね

うひひ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グリーゾデビュー

Griso_014

脱石化文化や!・・・と 自転車に乗りものを

シフトしつつあった私でしたが どうにもこのモデルの

魔性の魅力には勝てず 買ってしまいました モトグッチ 

新型モデル「グリーゾ」

2002年の海外のモーターショーコンセプトモデルで

発表されてからどうにも気になって気になって・・許せ家族よ

男のロマンじゃ すっすまねー

Dsc00285l

もちろん エンジンはグッチ伝統の縦型 OHV 

2気筒 1100cc アクセルを開ければ どの回転からもブッ!

と瞬時に吹き上がり Maxの8000回転弱まで怒涛のトルクで

加速していく。88馬力 現行国産車の半分ぐらいだが

出力的には一般人が乗るには十分だ。

しかし 昔のグッチやカルフォルニアのように

重いフライホイールがぐりんぐりんと

回るようなエンジンフィーリングは無い

この点は個性が薄れてグッチの面白さを

失った気がする。

Grisoshogens

倒立サスに 片持ちユニットサス バンク角もあり

ロングホイルベースの割りには 

吸い付くように軽快にハンドリングがきまる。

最新のサス性能 今までのバイクとここまで差があるこか。。

続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

中国レポ 上海ー ハルピン

Chuugoku_0606_052

上海だけでなく 中国各地で足裏などのマッサージが

ブームである。しかし ミニスカートのおねーさんたちが

待ち受けるその手のマッサージ店やたいした技術を

もたない店が激増し ほんとうに上手なマッサージ店を

見つけるは難しい。そこで現地社員が推薦

盲人の店に行ってみた。カンバン通り スタッフは全て盲目

若い女性が多かったが 皆専門学校を卒業しているとあって

容赦なくほんとうのツボを攻め立ててくる うぎゃー

久々 こんなに効くマッサージ 更に 体の調子が悪いところを

みな言い当ててくる。料金も 足裏1時間60元 とリーゾナブル

でした。

Chuugoku_0606_076

ハルピンへ飛行機で移動

仕事を終え お客さんが50kmほど

郊外の自然動物園に連れて行ってくれた。

高速道路を150キロほどでぶっとばす。

走っている車が中国生産のヨーロッパ車が

多い 広がるとうもろこし畑と相まって

ヨーロッパの田舎風景と見間違う。

残念ながら 中国の高速道路は

バイク走行禁止だ。でもいつの日か

この大陸をバイクで走り回ってみたい

Chuugoku_0606_078_1 

北方森林動物園

とにかくでかい 5kmx10kmぐらいの

広さ。

Chuugoku_0606_082

森林をネットで覆い

その中に鳥放し飼い 見物客も

すぐ近くまで寄れる。孔雀やらなんやら

数十種類の鳥がいた

Chuugoku_0606_096

鶴みたいな鳥のショー

檻から出して 飛び出たせ

上空を周回させた後 笛で

着陸させる。こりゃ日本にはないばい

Chuugoku_0606_121

白ライオンや白虎なんかもいた。

クーガーなんかも 世界中の珍獣を

集めている。日本でもこれだけの

種類はない。

休日は大混雑だそうだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

観光スポット 上海

Chuugoku_0606_013

上海から車で3-40分 ちょっと郊外

朱家角という観光スポット 明清時代の

上海の町並みが残っている。

小さい店が立ち並ぶ

現地の人には人気らしい

Chuugoku_0606_011 Chuugoku_0606_010

チマキが有名。布団店 製作実演中

Chuugoku_0606_023  Chuugoku_0606_027

豫園 Yuyuan Garden

再び車で移動 明時代の古代庭園

Chuugoku_0606_033

ここも人気スポット 売店が立ち並ぶ

写真は茶館 

Chuugoku_0606_043

蟹粉豆腐  上海蟹の卵を豆腐に

まぶした料理 数年前に食べ

過去最高の味と今回も同じ店で

期待したが シーズン外か

あまり美味ではなかった。がっかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »