« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月18日 (月)

グッチ 85周年ミーティング参加中

リンク張ってる Massiさん ただ今 イタリアで開催中の

グッチ85年記念ミーティングに参加中す

ブログで詳細レポ中 ごらんあれ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

ME-06 デビュー・・・ぼろやけど

20060916150328

息子用に買ったXLR200Rだが 本人も上京し

今じゃほとんど乗らなくった。そんでもって

この度 乗り換えることにした。もちろん

オフ車だが 年に数回程度 ショップの林道ツーリングや

仲間と北摂や剣山に行くぐらいの使用頻度なんで 

XR400も候補だったが車検経費のかからない

250ccにした。買ったのはもちろん ホンダXR250R

ME-06型 86年から94年まで生産された 

ホンダのオフロードマシンの名車だ。

ヤフオクで 手頃な価格だった91年型をゲット

丹後の出品者からバイクを引き取って 行きつけの

バイク屋で諸点検をしてもらったら 「これもあかん

あれもあかん」と交換パーツがずらずら 結局

本体価格と同じぐらいの修理費が・・・がく

Sany0011_1

修理はほぼ完了 今日はほっけ師匠にお願いしてさっそく

北摂の林道に連れていってもらった。写真は

師匠のDR800 超レア

さっそく洗礼が

朝一番 待ち合わせの場所に行こうにも エンジンが掛からん 

このエンジンはかなり癖があり 掛かりにくいそうだ。

キック100発でようやく始動。

このままでは [XRの沢村忠」と呼ばれるのもまもなくだ。

注: 沢村 忠 知る人ぞ知る 日本キックボクシングの

パイオニア アニメ化もされ 中年層に絶大な人気を持つ

別名「キックの鬼」

Sany0013 Sany0017

熊とちゃいます

足場をならしてる師匠だす

Sany0019_1

しばらく走って昼食 これにもう一人前餃子追加

全て完食 うが

Sany0022

ハーベスト 亀岡あたり 景色は一面収穫前の

Sany0028

125ccとちゃいます XR250Rの

インプレッションは やはり名機といわれるだけあって

バランスよく とても乗りやい。パワーもそこそこ

ブレーキもよく効く サスも本格的 

ただただ 課題はキックのこつを早く

覚えることだ。はよーせねば

| | コメント (11)

2006年9月14日 (木)

つめかえ君

Sany0766

富山の兄弟 愛用の つめかえ君を初めて使った。

そこいらで手に入いる カセットボンベのガスを 

プリムスとかのキャンプ用ボンベに移し変える装置だ

。。。装置といっても単なるバルブ一式

Sany0771

要は圧力差を利用するわけだが 写真のように

注入する側のボンベを冷やすとより効率がよい。

キャンプ用ボンベは価格が高いし 

どこでも売ってるわけではない。

このつめかえ君があれば 

安価なカセットガスをどこでも手に入る。

弱点は 冬場は安物ガスで火力が弱い事

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

カレント 中国

Sany0001_1

数ヶ月ぶりの中国出張 もう中国への出張は

東京に行くぐらいの感覚だ。

空港で元を交換できるようになったが

行員さん「おつりで偽札を渡されることがあるので

注意して」と 流石コピーの王国

Sany0011

ますますひどくなる渋滞 高速道やバイパスも

どんどん整備されているが 車の増加がそれ以上

これでオリンピックだいじょうぶかな?

Sany0016_1

続く建設ラッシュ バブルが

はじけるのはいつ? コワ

Sany0006

伝統の自転車専用道路 

これはうらやましい 日本も見習ってほしい

Sany0031

今回は環境ショーへの出展が目的

しかし 中国内での環境への関心

まだまだ低い

Sany0045

同じ展示場で開催されていた ビール関係の

展示会 規模は数倍 大盛況

昔はぬるいビールしか飲まなかった国も

世界有数の消費国に。世界中のブランドが

集まってきている

Sany0052

元禄寿司 回転寿司だ。

日本料理店の中国進出も当たり前の時代。

Sany0063

お客の接待はお決まりの

カラオケバー。中国の人は

カラオケ好きが多い。

日本とちがって ホステスさんが

つく。ほとんど地方出身者

Sany0065

取引先のモダンな新工場

ハイテク 最新の設備

世界最大規模

最近では ドイツ企業も買収

古い中国国営企業の面影はまったく無い

Sany0064

北京中心にある 秀水街

アメ横の小さい店をビルに詰め込んだ

ようなショッピング街

衣類、宝石 めがね カバンと

一見 普通の店が多いが

コピー製品をかなり販売している。

日本人と見定めるや 「エルメス あるよ」

なんてささやいてくる。

ゴルフ用品 先日買ったクラブフルセット

のコピー(ほんもの横流し?)

は十分の一の価格でした ガク

Sany0085 Sany0086

鳥の足・・指が中国の人 大好物

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

モトグッチクラブ歌

Stupidcrownpaintorsimg600x4501148625587g

モトグッチのシンボルは 写真のタンクにあるような

翼を広げた鷲

関西MTGで 支部長が歌った モトグッチクラブ歌 

加藤隼戦闘隊は 歌詞内容がぴったり。

ちなみにこのシンボルは

イタリア空軍のマークをモチーフしており 対戦中

カルロ・グッチイとともにMCメーカーを興そうと

誓い合った亡き戦友へ捧げられたもんだそうだ。

 

加藤隼戦闘隊(昭和15年)

エンジンの音 ごうごうと 隼は行く 雲の果て 

翼に輝く 日の丸と胸に描きし 赤鷲の 

しるしは我等が 戦闘隊 寒風酷暑 ものかわと 

艱難辛苦 うちたえて  整備にあたる 強兵(つわもの)が   

しっかりやって きてくれと    愛機に祈る 親ごころ  

「干戈(かんか)交(まじ)ゆる幾星霜   七たび重なる感状の 

いさおの蔭に涙あり     あゝ今は亡き武士(もののふ)の 

笑って散ったその心」 世界に誇る 荒鷲の 翼伸ばせし 

幾千里   輝く伝統 受けつぎて    新たに興す 大アジア  

われらは皇軍(すめらぎ) 戦闘隊

作詞: 加藤部隊 作曲: 陸軍軍楽隊

(提供 By 関西支部長殿)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

プロの腕

Dsc_1468 グッチの関西MTGで

撮影してもらったショット。

う~ん しぶい!

リハーサル無しでこのできばえ

プロカメラマン Tさん 数年前はF1を

撮っていたが 最近は首相担当になり

腕が落ちたそうだ。被写体の

速度差300km以上!?

しかし カメラを意識してかなり

バンキングしたつもりが ぜんぜん寝とらん。

それと体でかいから いつも「そのバイク400CC

?」って言われるの納得・・・・・しゅん

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

06関西ミーティング 続き

Sany0902 翌日は写真撮影会

コーナーでシャッターチャンスを伺う

Tさん 本職カメラマンだけあって

取った写真のできばえが素人とまったく

違う!

Sany0914

こちらは 素人の私がパチリ

ピンボケ でも メンバーさん

カメラを向けると皆ポーズ・・・

なはは

ということで 無事関西MTG終了。

しかし キャンプとかこういうMTGとか

無事にうまくやりとげるって いろいろと

ノウハウがありますな。来られるかたに

対する持て成しの気持ちが基本だと

思いますが 毎回いろいろと反省させられます。

遠方から今回ご参加の皆様ありがとうございましただ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06関西ミーティング

  Sany0783

先月 下見をした グッチクラブ関西ミーティングが

伊勢で開催された。伊勢自動車道のインターで待ち合わせ。

関東、山口そして地元関西から総勢12名が集まった。

Sany0772 今回の珍車 

というか グッチの場合ルマンIIIや1000を除き

他のモデルは少量しか日本で販売されていないので

大概のモデルが珍車となる(納得)

このモデルは デイトナ 。

レースで好成績を収めたプライベートレーサーを

もとにメーカーが作った当時の最速マシン。

Sany0788

ポリッツア 本物の白バイだ 結線すればサイレンもなる

あのヨーロッパのサイレン ぱーふーぱーふの音でした。

Sany0818 Sany0812

まずは伊勢神宮でお参り そして隣にある

おかげ横丁の名所 赤福もち本店で

無添加の赤福もちとお茶で一服(280円)

Sany0826

そこから伊勢湾の御座岬経由でパールロード

の中間にある源海旅館を目指す・・・・が複雑に入りこんだ道で

たびたび迷走。私は先頭を走りながら「来年はナビ買ってこの不名誉挽回じゃ」

と誓う。

Sany0853

それでも時間内に旅館に到着

晩飯の豪華さでみなさん にこにこ顔に。

Sany0892

マイしょうゆ、ソルト そしてマイオリーブオイルを持参

このオリーブオイルとソルトで食べた鯛のさしみ

「こんなにうまいさしみの食べ方あるんかいな」

ぐらいのショックを受けた。他の方もジュノベーゼとか

自作のエッセンスで料理を楽しんでいる。これも

またうまい・・・バイクだけでなく 全てにおいて

イタリア文化を楽しむメンバー達 

Sany0877

飯がうまいと話がはずむ もちろん

お酒も。

写真は2時間弱で空いた

ボトル それもイタリアもんばかり

スプマンテとか 皆好みのお酒を

持てこんできた・

「グラッパは労働者の酒じゃ~」なんて

うんちくを聞きながら バイク談義に花が

咲く これがまた楽しい

Sany0886

酔って近くのホテルのスナックに乱入

がしか~し すでに40名ほどの

おばさん達で盛り上がっている。

保険外交員の慰安旅行だ。

普通神経ならこれで引くのだが

我が関西支部長 その雰囲気ものともせず 

「よっしゃ~我らのグッチの部歌いくで~」と

でっかい真ん中のステージで

加藤隼戦闘隊をどうどうと熱唱 うがっ!

・・・・と 話のつきぬ夜はふけていった

続く 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »