« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

第5回笠置氷点下CP会 決行予定す!

毎度みなさんこんにちは
さて 今週末のCP会 雨の
可能性が高いですが予定どおり決行します。
(大雪を除く)ちゅーか 廃材保管不可にて決行あるのみ
なんす。なはは タープは2-3枚用意します。
食事は例年通り 味噌なべ、鯛塩釜蒸しと今年は
パエリアとへしこの茶漬けぐらいをこちらで用意する予定です。
食事は各自持参とお願いしていますが 上記に補完する
感じで適当にお好きな料理やつまみを作られて頂ければよいと
思います。炭火がありますので 焼き物持ち込みでもOKです。
もちろん食材無しでも大丈夫です。適当にこちらも補完食
持っていきますので。当日ドタキャンセルはOKですので
体調や天候を各自ご判断くださいまし。今のところ
20名前後の参加になると思います。私は
午前中に廃材をCP場に持ち込み トラックを
大阪に戻し 午後3-4時ごろに現地に
戻る予定です。CP場廃材横にタープを設営しときますので
早めに到着された方はご自由にCP会始めてくださいまし
みの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

ジム爺 北北西へ

P1200001旅行を主目的としたライダーには

ジムニーを所持している人が結構多い。

諸経費が安いだけでなく 天候や道を選らばない

高い走行性能が愛されているのだろう。

私もその一人だ。スノータイヤに

交換し バイクに乗れない1-2月は

この相棒と雪中ツーリングを楽しむ。

この週末 天気予報で北部が降雪マーク。

二日酔いもなんのその 朝から雪を求めて

北上した。

P1200009

256号峠の頂 

昨年は雪が多く通れなかった

P1200015 好物の

高中そばを食す。

地元のそばと山芋を材料にした

打ちたてのそばがうまい!

80歳ぐらいのおばーちゃんが

いつも笑顔で迎えてくれる。

P1200030 312号で南下し

目指すは黒川温泉 途中の銀山湖が

幻想的

P1200034夏は混雑するこの

温泉も冬季は急坂と降雪で

秘湯と化す。

P1200033 改造ジムニーがたくさん

雪中アタックを楽しんでいるのだろう

P1200041黒川温泉へアクセスする429号は

東側がせまくかなりの急勾配

P1200047

帰り道に 山中の「松が井の水」

を汲みに向う。誰もいない道を

心細くすすむ。

P1200049小さい案内を発見

階段を10数メーター下り 水の

汲み取り場所を発見

P1200059

家に帰ってお茶に使ったが結構

おいしい・・・と思う

P1200060

本日の走行280km

リンクしている ほっけさんが

東北ジムニー一人旅 ツーレポ上げて

ますだ よかったら見てやってくんさい

私とスケールが違います

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

Time goes by

Nec_0046

もうすぐ50歳になるというのに

カメラを向けるとポーズ無しでは

耐えれない 愉快な仲間達

昨晩は大学卒業後初めての同窓会。

高校が男子校だけに 女性参加の

同窓会は新鮮だった。出席はしていなかったが 

昔好きだった女の子にその場で電話されたり 

その話を酒の肴にされたりと まいったが

ちょっぴりうれしかった・・・・

二次会も大学時代から知り合いのマスター(ママ)の

店 昔話に華がさいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

フランス魂

Image001 中国の取引先に長期

中国駐在中のフランス人がいる。

バイク好きなのですぐに仲良くなった。

話を聞いていると北京在住のフランス人

仲間10数名で中国製 長江というサイドカーのクラブを

つくって楽しんでいるそうだ。写真は クリスマス時

サンタクロースのコスチューム着て

チャリティで施設の子供達にクリスマス

プレゼントを届けにいくところ。

毎年の行事だそうで なんとも

この素敵なノリが素晴らしい。

250pxcj750_motorcycle ちなみに

長江はもともと ドイツBMW R71のコピー生産を

ロシアのドニエプル社が行い 中国は

ロシアよりその技術供与を受け 長江を生産開始した

サイドカーの車輪も回転する2輪駆動だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

笠置氷点下CP会 案内追加及び訂正

先にご案内した内容に間違いありました。以下訂正します

キャンプ利用料は 中学生以上一人一日300円 二日で600円となります。

お酒も各自持参おねがいします。・・・・たぶんあまるでしょうが

先に案内致しましたように 鍋はこちらで準備致します。

それ以外 鯛の塩釜など予定してます。参加者の方より

サムゲダンのオファーもありました。各自食材及び料理は

自己負担とお願いしてますが 例年 皆さんすこし多めに持ってきて

適当に皆で分け合うという感じです。食料の準備ができない方

申し出てください。こちらで適当に用意しときますので。

ではでは

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

第5回笠置氷点下キャンプ会のご案内

Cimg2610

毎度 みなさん 本年もよろしくおねがいします。

さて恒例の笠置氷点下キャンプ会を以下の通り

開催します。ふるってご参加くださいませ。

ところで 本年より若干の参加費を頂くことにしました。

例年廃木の準備と車を貸して頂く工場への

お礼 そして このキャンプ会でうまい鍋を振舞って

頂いている割烹屋さんへの材料費にあてます。

ご了承願います。

それでは また 今年もでっかい

キャンプファイアーと

美味しい食事を楽しみましょう。

2_056

photo by takesan

                   記

1.第5回 笠置氷点下キャンプ会

2.開催日 平成20年2月2日(土曜)午後3時頃 より

       2月3日(日曜)午前中

3.場所 笠置キャンプ場 京都府笠置町 木津川 河川敷

  http://www.channel-e.tv/alphakun/kasagi/kyotoD6-1.html

4.食事 原則 料理 食材は自己負担でお願いします。

  冒頭にありますとおり 割烹屋さんの鍋は参加費に

  含まれて  います。尚 持ち込まれた食材で金額の

  張るものは一部  こちらで負担しますので申し出て

  くださいまし。

5.参加費: 大人一人2000円 子供1000円

  キャンプ場利用代が別途一人400円掛かります。

6.基本的に 大雪でないかぎり このCP会は決行します。

 しかしながら 時期的に 当日 雪や路面凍結等 参加が危険や

 困難な場合もあります。各自参加される方は 当日の天気状況を 

  ご判断の上オウンリスクで参加不参加を決めてください。

  参加費のキャンセル料は頂きませんので 安全第一で

  お願いします。

7.当日はかなり冷え込みます。防寒具や毛布等

  寒さ対策を十分に用意の上参加ねがいます

8.食材手配の関係上  一月末までに参加される方は

  当方までご連絡おねがいします

以上

  

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

年末 南紀CP会

Pc300265 年末のCP会参加条件

として 怒れる嫁の要求した10項目の

大掃除作業をなんとか終え

和歌山南部の渡瀬CP場を目指した。

天気予報は雪 いつもの

山間部ルート 169号は標高高く 避け 

比較的 低い168号を走ったが 途中から

吹雪 視界を塞ぐシールドの雪を

払いながらのアドベンチャー走行

になった。危険を感じてか

走行している車も少なく

もちろんバイクなど一台も走って

いない。

・・・ちょっとちびる

Pc300290

雪、雨 と寒さを

こらえて到着した 渡瀬は

うそのように好天気

Pc300282

この年末キャンプ会参加は

10年ぶりだ いつものバイク

仲間が歓迎してくれた。

うまい空気、飯、焼酎 そして

仲間との楽しい語らい

ほんま やめられまへんな~

Pc310294 Pc310297

翌日は早朝 凍てつく峠を

恐る恐る越え 帰路につく

たった一晩だったけど大満足

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »