« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

10年 初キャンプ

Photo  ここ しばらく キャンプをやっていない。

禁断症状が激しくなり たまらず 仲間を誘って

CP会。ちゅーても急な誘いで一人だけ Nさんが付き合って

くれた。

Jpg

場所は 冬でも暖かい 淡路島。

オートキャンプ場を借りた。

ちょっと暖かいとはいえ 大きなCP場の利用者は

私らを入れて三組、もちろんバイクで利用してる

変わりものは我ら二人。

3 初めて オートキャン場を

利用したけど 近くに温泉はあるは 炊事場も

各サイトにあるし こりゃ便利!

バイクを固定に利用して ちっこいタープを

張る。二人じゃ十分だ

しかし GSーPDは荷物満載でも ハンドルが

ほとんど取られず でっかいタンクと相まって

長距離ツーリングを本気で考えたマシンですね。

初めは乗用車みたいな乗り味で抵抗感があったけど、使ってみて

気に入ってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

恒例 ヤタガラス ツーリング

P1240920 P1240921

まあ 世の中 相当不景気なんでしょう 

GS-PDがこの価格で落札できるなんて。

10数年前 一度またがって 欲しかった憧れの

マシン 予想外に 手に入れてしまいました。

P1240924 新しいバイクを手に入れたら

いつものとおり 和歌山 熊野本宮へGO!

200キロ走って 本宮近くの

お気に入り 渡良瀬温泉で

一浸かり。

P1240922

普通の温泉と薬湯と選べます。写真は

薬湯 温泉掛け流し かなり濃厚です。

P1240931 ほんでもって

近くの熊野本宮大社で

いつのもヤタガラスステッカーをゲット

車体が白ですからね ステッカーも同色

P1240928 かなり暖かかったので

凍結無しと読み 帰路は 山道 168号線-310号線

のワインディングロードを選択。この道はいつ

走っても楽しい!

ビッグオフは 昔 アフリカツインで5万キロほど

乗りました。比較すると GSは やはり1000cc 

トルクが違います。たかだか 60psですが、プルプルプルと

車体を小刻みに震わせ ギアチェンジ無しで

山道をぐいぐい駆け上がっていきます。

78型RSほどの フライホイールマスのぐりん

ぐりんは感じませんでしたが 現代の4バルブに比べると

まだ かなり強いです。  

パラレバー モノサスも  RSのツインショックと

比較して 格段に進歩(当たり前やけど)しっかりとしたトラクション。

たぶん 高性能ショックに換装すれば

更にシルキーな 地面に吸い付くような走りになるのでしょう。

それと フラットツインの低い重心のおかげなんでしょう 

足長バイクで車高が高いのですが ふらつきの少ない

安定したどっしりとした走行フィール。

88年製でこのできですから

現代のGSの性能は押して知るべしですか。

重いフライホイールエンジンとしなやかな

フレームの78RSと かっちりしたフレームで

軽く吹き上がる88GS 同じBMでもずいぶん

違う走行フィールです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

第7回笠置氷点下キャンプ会

P2070577 昨年の様子

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいします。
さて、非日常的体験願望症候群の
皆さま お待たせ致しました、
笠置氷点下キャンプ会のご案内です。
今年も「さむ~」って叫びながら
キャンプファイヤーと料理を楽しみましょう。
                   記
1.第7回 笠置氷点下キャンプ会
2.開催日 平成22年2月13日(土曜)午後3時頃 より
       2月14日(日曜)午前中
3.場所 笠置キャンプ場 京都府笠置町 木津川 河川敷
  http://www.channel-e.tv/alphakun/kasagi/kyotoD6-1.html
4.鍋料理 及び 鯛の塩窯蒸しの費用は参加費に含まれていますが
  原則 ご自分の食糧は持参願います。いつものように少し多めに用意されて
  みんなに振舞っていただければありがたいです。
  食材で金額の張るものは一部こちらで負担しますので申し出てくださいまし。
5.参加費: 大人一人2000円 子供1000円
  (廃材とトラックを用意していただいた会社への商品券と
   鍋と鯛塩窯蒸しの食材費にあてます)
  キャンプ場利用代が別途一人400円掛かります。
6.基本的に 大雪でないかぎり このCP会は決行します。
 しかしながら 時期的に 当日 雪や路面凍結等 参加が危険や
 困難な場合もあります。各自参加される方は 当日の天気状況を 
 ご判断の上オウンリスクで参加不参加を決めてください。
 参加費のキャンセル料は頂きませんので 安全第一でお願いします。
7.当日はかなり冷え込みます。防寒具や毛布等 寒さ対策を十分に用意の上参加ねが
います
8.バイクでの参加はご遠慮願います。一昨年も2日目に雪が降りました。
  危険ですので 今年から車は電車のみの参加でお願いします・
  車の方もチェーン携行をお勧めします。
以上

| | コメント (2) | トラックバック (1)

北摂スノーアタック

P1101001 P1101015

富山から 雪道不足で

ストレス気味に帰宅した矢先

ジムニー友達のほっけさんから

スノーアタックのお誘い。。。いや そんな

大袈裟なものでは 単に雪道を走るだけで

満足なんですが

P1100986

場所はいつもの京北から477号、

京都北部から貴船への山越え

ルート。貴船の山越え道を

わき道に逸れると 

期待通りの雪道 それもオフロード付き(笑い)

ほっけさんと二人で大喜び!

待ってましたとばかり 雪を掻き揚げて

山道を進む。狭い道でも軽四の

ジムニーなら楽勝でっす。

P1100994次回はここで

雪中キャンプやねと二人で相談

P1101006 P1101009

気分良く下ってると ほっけさんがスローダウン

Why? なんと タイヤがパンク

尖った石で切り裂いたようだ

P1101019

最後はお決まりの不動温泉

うぬ!? いつもと様子が違う。

ドラが鳴り ほら笛を吹いているのは山伏?

近づくと 「いいことがあるから」と 温泉の

おかーさんに勧められ 二人揃ってお参りすることに。

真言宗の祈祷は大迫力でした。

参加

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富山寒ブリツーリング

Dvc00020 昨年 あまりの

うまさにうなった 富山の寒ブリの味が

忘れられず 今年もジム二ーで雪道ツーリング

を兼ねてGo!。。。ところが今年は寒ブリが不漁らしい。

昨年の店には天然が無く 二件目でようやくゲット。

氷見港ではないが本物の寒ブリだった。ピンク色が

天然の証らしい。ほんま 美味い!

鮮度抜群 角も立っている。

Dvc00017ご存知 天然ブリのかま焼き

日本酒がぐいぐいとすすみます。

Dvc00019

初めてみた おでんのネタで 「かに面」 

かにの甲羅にかに身と卵も入って うまい。

一個1000円 後で調べると 金沢あたり

で有名なネタでした。

P1090931

帰りは156号線で南下

雪道走行を楽しみにしてきたのだが

路面は山岳部を除き ほとんど溶けて

残念。

P1090943 P1090946

途中 世界遺産の五箇山 合掌造り集落を見学

何件か合掌造りの家の民宿があった

今度泊まってみたい

P1090965

五箇山で勧められた

くろば温泉 露天風呂から

雪見 お湯はまあまあ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

親子 バイクマニア

P1030925 正月 息子が東京から帰省してきた。

それも寒いのにバイクで。なんと我らの青春のバイク

旧車 XS650SPだ。

今風にカフェレーサータイプに改造してある。

なんでもキャブの取り付けと調整は自分でやったそうだ。

むむ 私はそんなことようできん。

動揺を隠しながら 親父の威厳を保つべく

「ふ~ん 俺なんてタペット調整もやるぞ」と

ちょっとだけ虚勢を張ってみる。帰りは私のSRで高速入り口まで

一緒に走った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »