« 流氷を求めて | トップページ | ビッグオフ走行 再デビューのはずが »

2010年3月14日 (日)

和歌山 スポーツ キャンプツーリング 

P3130991 積載量の少ない モトグッチルマンIII 

キャンプツーリングにはまったく不向き・・・とずーと

思っていた。しかし今回のキャンプ会にはこの車両しか

使えない やむなく振り分けバックを購入して 荷物を

最小限度に。目的地は和歌山南部 渡良瀬キャンプ場、 

もちろんコースは中高速コーナーの連続する 169-168号だ。

P3130992 169号に入って いきなり通行止め。

前夜 車がガードレールを突き破って

落下して それを引き上げてるそうで

上下 数十台が一時間以上待たされていた。

ドライバーは亡くなったそうで 自分の普段通る

この峠道の危険性にちょっとたじろいだ。

P3131000 P3131006 169号はルマンで

楽しい中高速コーナーが延々と続く。まさしく

スポーツツーリング、 体重移動を繰り返し ルマンの

一番気持ちいい ドリュリュリュウーって

バンクからの立ち上がり加速感を堪能し続ける。

4-5時間乗り続け キャンプ場についた

時には かなりの疲労感 気持ちはライダーハイ

精神は覚醒していた。

P3141017

皆が正月にキャンプ会で利用する 渡良瀬のキャンプ場

半日のスポーツツーリングでぱんぱんになった

筋肉を 近くの渡良瀬温泉でほぐす。でっかい露天風呂

でうだうだと一時間 湯気を吸いながら 

だんだん ぼーっと

P3131011

野宴会 開始

Nさん 新メニューお披露目

。。ちゅうても 豆腐にかつおの酒盗を

載せただけだが シンプルだがうまい!

今日は近くのCoopで買った 質素な食材だけ

でも とってもうまかった。なにかバイクツーリング

の原点に帰った気がした。

ふと 空を見上げると 満天の星空

「は~やっぱりキャンプはやめられへんな~」

 

P3141020

7-8年使っていた 一人用テントが壊れ

急遽 購入した スノーピークの一人用テント

ベンチレーションは改善 吊り下げ式で設営

ほんの数分とずいぶん進化してました。

P3141019 ルマンは高速運転が多くて

従来型の振り分けでは空気抵抗が大きく

サイドバックは不向きと思っていた。今回

装着したサイドバックは前面が斜めになり

空気抵抗が少ない 実際走ってもばたつき

とか一切無し。しかしお約束で

バックレインカバーを風速であっけなく飛んで

いきました。

キャンプ道具満載のツーリングもよいけれど

今回みたいな最小限の荷物で ライディングを楽しむ

キャンプツーリングもまた格別でした。

|

« 流氷を求めて | トップページ | ビッグオフ走行 再デビューのはずが »

コメント

走りまくりキャンプツーいいですね!!でもルマンでキャンプしたことないです・・・・ルマンだとやはりソロテントになっちゃいますね。

そういえば初めのころは農協のパックのご飯をお湯で温めてサンマ蒲焼の缶詰で食べたりしてたのを思い出しました。

投稿: massi | 2010年3月14日 (日) 22時20分

いやもう 久しぶりにLM乗ったら
体がばらばらになるくらい疲れましたよ。
これで総会 山形までほんまにいけるんかしら
ぐえ~

投稿: minoguzzi | 2010年3月15日 (月) 12時45分

酒盗=潮辛
疲れた身体にご飯が進みますなぁ。

次回のCP会には大型装備ついでに、
天体望遠鏡積んでいこうかな・・・

MASSIさんもどう!?
日本海の星空観測。

投稿: 富山の兄弟 | 2010年3月16日 (火) 01時05分

むむむ 過積載路線 継続ですね
もう AT復活させたんすか

投稿: minoguzzi | 2010年3月17日 (水) 10時24分

まいど、ご無沙汰してます。

ルマン系は荷造りが大変です。
いろいろ試した結果、いまは単純な袋構造を使ってます。

ただし、途中で荷物を取り出すのが大変です・・・。

投稿: サトマサ | 2010年3月21日 (日) 12時49分

さとまささん まいどす
ルマンは巡航速度fが高いですからね
普通のバッグや振り分けでは
飛んでっちゃいますよ 笑

投稿: minoguzzi | 2010年3月21日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106751/47809320

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山 スポーツ キャンプツーリング :

« 流氷を求めて | トップページ | ビッグオフ走行 再デビューのはずが »