« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月16日 (日)

バッテン 大山 スポーツツーリング 

P5150025九州のショップ毎年恒例の

大山ツーリングに 大阪から単独参加した。

中国自動車道 庄原ICで待ち合わせして

183号で一路 大山ふもとの宿 関金温泉を目指す。

P5150021 コースリーダーは店主のHD

 タンデムで先頭を走っているが とにかく速い、

「スポーツツーリング」。。てスピードなので

ある。この183号線は 25キロ 信号無し

連続する中高速コーナーを ほんま

堪能しましたです。

P5150032 といっても 8割りがスモーカー 1時間ほど走ると 

喫煙ターイム! 昔スモーカーだった私にはこの一服の

うまさがよくわかる

P5150013 外車専門店のツーリングだけ

あって 米国、イギリス ドイツ イタリアと

今じゃ こんな外車ばっかり構成のツーリング

を珍しいはずだ。( HD、モトグッチ、リックマン、トライアンフ

ジレラ BMW)

P5150016_2 今回No.1の珍車は リックマンのカフェレーサー

日本への輸入は5台ほどとか

P5160050 H爺さん 74才 でジレラ乗り。

今回のメンバーの中で一番コーナーリングが

アグレッシブそして うまい

P5160065 P5160068

11名の参加者のうち ほとんどが

中年以上だが 3名は免許を取って 

2-3年だそうだ。リターン組みでもなく

「昔から乗りたくて 夢を実現しました」。。

て うーん かっこいい!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

GW第三弾 復活!ビッグオフ林道ツーリング

Europe_0605_lisbon_london_473 7-8年前に

写真の大型オフロードマシンで

ある アフリカツインで 林道走行はすこし

経験していたが その後疎遠になっていた。

P5040126 最近 手に入れたGSで

知り合いになった ビッグオフオーナーの

方々に久々の林道走行を誘われた。

P5040107_2 朝9時に集合

OKさんのR100GS 走行距離は30万キロ

を超える。ライト周りのロードモデルっぽい

改造は当時 ディーラーが販売していたキット

との事。

P5040108

OBさんの KTMアドベンチャー

パリダカレーサー同様の

過激ビッグオフだ。左右の

転倒跡が道具としての

使われ方をアピールしていた。

P5040111

このメンバーに誘ってくれた

NさんのPD 

P5040112

元祖 ハコラー

45リットルのアルミトップケースが

すごい

P5040113 P5040117

ルートは北摂から 京都の京北あたり。

数年ぶりのビッグオフでの林道走行で

緊張するが、 安全ペースでの

走行だったので

なんとかついていけた。

P5040116途中 湧き水をいただく

P5040118山頂でバイクをとめ

ランチタイム

P5040120 再び走りだして

コーヒーブレーク。

がんがん 林道を攻め立てるのでは

なく トレッキング感覚で山道をのんびり

走り 自然と仲間との会話を楽しむ。。。てそんな

大人の隠れ家的 走行会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

GW 第二弾 オフロードツーリング 兵庫

P5020008 ずらりと並んだ

いまじゃほとんど見かけない陸の化石か

オフロードバイク達

GW中盤はショップ主催のオフロードツーリング

参加し始めてもう10年以上になる。今年は

兵庫北の神鍋高原

P5020037 我が愛機 XR250R改 通称 ME06

90年代前半の名機だ。年数回しかオフ走行せず 腕にも

自信のない私には 軽くて適度な馬力のよき相棒だ。

P5020045

生野ダムあたりで ちょっと

小休止してたら メンバー数名が

バスフィッシング開始

もう昔みたいに林道を攻めまくる

てハードなツーリングじゃなくて

のんびりとした おっさんツーリング

なのである

P5020060

11台の参加台数の内 3台が

モタード これも時代の流れか

P5020076 一日目は軽く数本の

林道走行

P5020086 晩はコッテージでくつろぎ

バイク談義に花が咲く。おっさん旅行の

お約束、朝方、みんながたたき起こされた 

Iさんの大いびき。地響きか 耳栓も役にたたない

P5030098 翌日 山頂あたりを

走っていると残雪が

P5030105

メンバーの一人が乗ってきた

スコルパのT-Ride 愛嬌のあるデザイン

だが YZレーサーのエンジンを持つ

トレッキング万能マシンだ。即席試乗会で

トライアル経験達はまじで欲しがっていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

GW 第一弾 対馬 知られざれる秘境 その1

P4290012 日本で3番目に大きな島

対馬 昔から興味があり GW恒例のサイクリング

コースとして選んだ。しかし チケットを買ってから

地図やブログでチェックしたら アップダウンがきつ過ぎて 

サイクリング=苦行 で断念。他で遊ぶことにした。

一日目 対馬まで 福岡乗り継ぎで2時間半。

早速 レンタルバイクで島の北端を目指す。

P4290028 対馬は海岸沿いの道が

少ない。軍の要塞地であったことで

目立たぬ森の中を直線道が続く。

P4290056 382号線を四時間半かけて到着した

対馬北端の韓国展望所。対馬は

韓国釜山まで 45キロしかなく ここから

釜山が見える。

 P4290061 洞窟のような

豊砲台跡 第二次世界大戦 巨大なカノン砲が

据え付けられていた。そして Uターンして南下

南部の宿に向う。いいかげんな旅程で

あった 地元の人もびっくり 1日目は原付で200km走行。

P4300093 二日目

この旅の 目玉 シーカヤック

一日コース 対馬は無人島の数(177島)や

リアス式海岸の長さ(911km)でも日本一

絶景のそして シーカヤックには絶好の

地形なのである。外洋でないので

外海に流される危険性が少ない。

P4300108ライフジャケット、

スカート シューズを借り

早速 乗り方 漕ぎ方の

レッスン 

P4300138

当日は風が強く 浅茅湾内を

一周するコースとなった。

以前 琵琶湖でカヌーに乗ったことが

あったが シーカヤックは船尾に

ラダーがあり それで艇を直進させる

P4300151 40分ほど漕いで

第一上陸地点は 金田城跡

1300年前の 防人時代 日韓合作の日本最古の

城壁跡だ。ツアーガイドのUさん カヌー操作だけでなく

対馬の歴史や遺跡の説明も見事

P4300176P4300180 城壁見学の後

「食事にしましょう」・・・て

調理してくれたのが

ろくべーという芋の保存食を

煮たもの。この芋や イカ一夜干しなど

保存食が名物 対馬材料を

使った弁当もとても美味しかった。

P4300193 再び湾内を漕ぎ出す

他に舟の姿無く貸切状態

それにしても コンクリートなど 人工の

建造物が一切無い。まったくの自然だ。

見事としか言いようが無い。

P4300203 P4300204

再び 上陸 今度はUさん コーヒー豆を

つぶし始めて ワイルドコーヒーを

飲ましてくれた。周りには一切雑音無し

日向ぼっこしならが ぼ~として

非日常的な時間が過ぎていく

P4300221

10時ぐらいから 午後2時すぎぐらいまで

走行距離は6キロ前後 早く終わったからと

Uさん 島内を車で案内してくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »