« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

みちのく&北海道 TR Vol.4 終わり 道央 芦別ー富良野ー夕張ー新千歳

P8120539 6日目 函館ー芦別

台風4号接近で 天候は荒れていたが

函館から芦別まで 地道と高速を利用しながら

400キロ超を一気に走りきった。

P8120531  パッセンジャーの嫁共々

高速走行はエアーバック装着だ。

ライダーがバイクから振り落とされると 体に巻きつけた

ベストが膨らみ上半身を守る最新プロテクターだ。

性能は別として 装着することによって 高速走行中の

安心感は高まる。

P8120605230号線沿いには

ゆでキビ屋さんが 点在

朝 もぎたての茹でとうもろこし うまい

午後9時頃 芦別の秋田屋旅館に到着。

私が通うボクシングジムの女子プロ

秋田屋まさえさんの実家だが 家族総出の

歓待を受けた。

7日目 十勝岳ー 富良野ー美瑛

P8130723

積載してきた大量の荷物を宿に

置き 身軽になったカリフォルニアで

まずは 十勝岳の 露天風呂だ。

標高1280メーター。近くにもっと有名な

噴上露天もあったが パス

P8130737 山を下ってすぐの 望岳台

訪れていた 北海道通風のライダーが

「数ある北海道の景勝地の中でも 

ここが最高だ」と話していたが

360度 前方の山 後方の

平原ととてもダイナミックな景観だった。

P8130742

昼飯は 偶然見つけた 歩人 

自家製ソーセージの店だが

かなり有名らしく 1時間以上待ったが

そこそこうまかった。

P8130746 美瑛の丘で

セブンスターの宣伝に

使われた景色 

セブンスターの木ですと

後 富良野ファームとか回って

ベースキャンプに帰還

P8140767 8日目 留萌ー旭川

今日は山間を抜け 沿岸を走る。

P8140778 留萌でやっと

北海道のうに丼を食する

は~うまかったす

P8140802

智恵文のひまわり農園

70万本のひまわり

P8140805

マップルに記載の

らーめん加藤屋の

旭川ラーメン

まあまあですが 特に

特長があるようには

思えませんでした。

9日目 芦別ー夕張ー新千歳

P8150808_2

ベースキャンプの秋田屋旅館も

今日でお別れだ。連日 北海道の

もろこし、メロン、トマト

ポテトと次々と差し入れを頂いた。

皆さん総出でお見送り。

101108_001その日は

秋田屋まさえさんの試合日で

勝利を祈願して 皆 緑の

まさえさん突撃Tシャツを着ていた。

P8150811 夕張近くの駅に保存してあった

ラッセル車 なんともユニークはフロントフェース

101108_003夕張を5年ぶりに通ったのは

のんき屋 の塩ラーメンを食べるためだ。

ちじれた西山麺を使った シンプル味の

塩ラーメンは最高だ

101108_002

北海道 限定? エゾパワー なんか元気が

でたようなないような

千歳空港近くの指定場所でバイクで運送屋に

バイクを預け 空港のホテルの泊まり 翌朝 大阪に帰宅した

   

 

実家だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

みちのく&北海道 TR Vol.3

P8100450 3-4日目 青森県 岩木山ー津軽半島

ー不老不死温泉・・の隣の温泉 -フェリーで函館再上陸

朝 蔦温泉を出発 岩木山麓を走り 西に向う

昼飯は 津軽半島先端 竜飛岬近くの

佐々木食堂と心躍らす。

ここのうに丼は 5年前に偶然入って食べたが

過去食べたウニ丼の中でも最高に美味い。

101108_003 しかし しかし 食堂に到着したら 無情の

定休日の張り紙 。。しくしく

P8100469101108_004

がっくりして 津軽半島展望台の

P8100470マグロ丼でがまんするが

値段の割りには普通のお味、、、再びがく

P8100471竜飛岬には 青函トンネルの記念館が

ある 地下100数十メーターエレベーターで

降りて 補助のトンネル内を見学できる。

しかし ここも100メータートンネルを

歩いて 当時の掘削機械類の展示を

見れるが迫力に欠けた。。。というか

過去に見学した夕張炭鉱の記念館

と比較しての話だが。

101108_006 101108_008_2

竜飛岬から 龍泊ラインで南下

半島周回ルートは海と断崖が

おりなす 絶景だった

 P8100492途中にイカ焼き街道なる

10数件 国道沿いに イカ焼き屋が立ち並ぶ

青森県の西海岸には 不老不死温泉という

有名な温泉があるが 予約取れず

その隣の温泉に泊まったが 今回の旅で

最悪であった。

P8110507翌朝は 青森市散策 

棟方志向の記念館へ

「私はゴッホになる」・・・て 小さいころに

宣言して 夢を実現するん

ですから

P8110510101108_012

青森から 再び函館へ 

2年前に就航した高速の

新型フェリーで2時間半だ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

みちのく&北海道 TR Vol.2

P8090334

3日目 青森 薬研温泉ー蔦温泉へ 下北半島を南下

翌朝は近くの恐山へ

日本三大霊場の一つだ。取りあえず

三途の川を渡るの図・・・もう

やることやったから ええか・・・

ちゃうちゃう

P8090338天国と地獄をイメージ

前回訪問時は夕方でかなり 不気味な景観だったが

朝だと ちょっと拍子抜け

P8090344 その後 下北半島を南下 原子力再燃料施設で

有名な六ヶ所村を通過する。PR館で昼食

周辺の整備された道路や高級な住宅から

原子力事業の現地への多大な投資を垣間見る

P8090415道路沿いの渓流 奥入瀬。

人が少ないので雰囲気を楽しめた

P8100443 P8090442

  今日はテント泊の予定であったが

雨模様だったので 急遽 温泉に泊まった。

有名な蔦温泉だ。 階段の登り降りが難の

別館なら空室あり更に格安とのことであったが、

店の説明とおりきっちり70段の階段は

トレッキング並み 宿を後にするまで

3往複でなんとかしのぐ

P8090439 料理 そして 宿の

スタッフの方々のサービス共に満足のいくもの

であった。700年以上の歴史があり

さすが常時青森温泉ベスト3に入る

老舗温泉 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

みちのく & 北海道 ツーリング 2010 vol.1

P8080275 5年前のタンデム北海道ツーリングで行き残した

道北と道南を走破し 一応北海道ツーリングに一区切りと

夏休みにロングツーリングを企画した。

P8070249バイクはトラック便で先に送り

空港で受け取るシステムを利用したが

マイレージのただチケットで千歳

往複が予約がとれず 行きは函館空港からスタートとなった

1日目 函館

夕方 函館空港到着後 近くのレンタカー屋でバイクを受け取る

P8070259 近くの温泉町の安宿にとまり

ホテルお薦めの居酒屋へ

函館は「いかの街」だけあって 透明のイカ刺しが

こりこりとして ほんま美味い 一日目から嫁が

横で「うまい うまい」の連発

二日目 函館ー青森 大間へ

P8080289 ライダーとしては ワインディング

ロードが続く東北のほうが好きで また

北海道ほど 観光地化されていない青森が

好みである。今回は函館スタートなので 

青森でまず数日過ごすことにした。

午前中は 函館観光で 五稜郭に行った 

ご存知 新撰組の土方が最後に抵抗した

要塞だ。

P8080290 不景気のせいで

ガソリンスタンドでもう恒例の旗を

配ってないようなので 売っていた

新選組みの旗(のぼり)をつけて

走った

P8080296 昼過ぎに フェリーで二時間

青森 下北半島先端 マグロで有名な

大間に到着。やはり ぐっとローカルっぽくなる

P8080303 海岸沿いから 山間部へ

本日の宿は 奥薬研温泉だ

P8090324 P8090327 P8080323

山の一軒や温泉もまずまずだった

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »