« みちのく&北海道 TR Vol.3 | トップページ | マーヤがやってきた »

2010年8月31日 (火)

みちのく&北海道 TR Vol.4 終わり 道央 芦別ー富良野ー夕張ー新千歳

P8120539 6日目 函館ー芦別

台風4号接近で 天候は荒れていたが

函館から芦別まで 地道と高速を利用しながら

400キロ超を一気に走りきった。

P8120531  パッセンジャーの嫁共々

高速走行はエアーバック装着だ。

ライダーがバイクから振り落とされると 体に巻きつけた

ベストが膨らみ上半身を守る最新プロテクターだ。

性能は別として 装着することによって 高速走行中の

安心感は高まる。

P8120605230号線沿いには

ゆでキビ屋さんが 点在

朝 もぎたての茹でとうもろこし うまい

午後9時頃 芦別の秋田屋旅館に到着。

私が通うボクシングジムの女子プロ

秋田屋まさえさんの実家だが 家族総出の

歓待を受けた。

7日目 十勝岳ー 富良野ー美瑛

P8130723

積載してきた大量の荷物を宿に

置き 身軽になったカリフォルニアで

まずは 十勝岳の 露天風呂だ。

標高1280メーター。近くにもっと有名な

噴上露天もあったが パス

P8130737 山を下ってすぐの 望岳台

訪れていた 北海道通風のライダーが

「数ある北海道の景勝地の中でも 

ここが最高だ」と話していたが

360度 前方の山 後方の

平原ととてもダイナミックな景観だった。

P8130742

昼飯は 偶然見つけた 歩人 

自家製ソーセージの店だが

かなり有名らしく 1時間以上待ったが

そこそこうまかった。

P8130746 美瑛の丘で

セブンスターの宣伝に

使われた景色 

セブンスターの木ですと

後 富良野ファームとか回って

ベースキャンプに帰還

P8140767 8日目 留萌ー旭川

今日は山間を抜け 沿岸を走る。

P8140778 留萌でやっと

北海道のうに丼を食する

は~うまかったす

P8140802

智恵文のひまわり農園

70万本のひまわり

P8140805

マップルに記載の

らーめん加藤屋の

旭川ラーメン

まあまあですが 特に

特長があるようには

思えませんでした。

9日目 芦別ー夕張ー新千歳

P8150808_2

ベースキャンプの秋田屋旅館も

今日でお別れだ。連日 北海道の

もろこし、メロン、トマト

ポテトと次々と差し入れを頂いた。

皆さん総出でお見送り。

101108_001その日は

秋田屋まさえさんの試合日で

勝利を祈願して 皆 緑の

まさえさん突撃Tシャツを着ていた。

P8150811 夕張近くの駅に保存してあった

ラッセル車 なんともユニークはフロントフェース

101108_003夕張を5年ぶりに通ったのは

のんき屋 の塩ラーメンを食べるためだ。

ちじれた西山麺を使った シンプル味の

塩ラーメンは最高だ

101108_002

北海道 限定? エゾパワー なんか元気が

でたようなないような

千歳空港近くの指定場所でバイクで運送屋に

バイクを預け 空港のホテルの泊まり 翌朝 大阪に帰宅した

   

 

実家だ。

|

« みちのく&北海道 TR Vol.3 | トップページ | マーヤがやってきた »

コメント

キャー!
アニキの不精ヒゲに白髪が・・・・・

長旅お疲れ様でした!押忍!


で、9月はバイクでどこに集合すればいいスか!?(笑)

投稿: 富山の兄弟 | 2010年9月 1日 (水) 22時12分

うい~し 兄弟 9月の件は別途メールしますだ。
ちょっと無理かも
 理由は今日のアップをみてちょ
は~もうばてばて

投稿: minoguzzi | 2010年9月 1日 (水) 22時32分

お疲れ様でした。北海道は入れ替わりだったみたいですね。 こっちもタンデムでしたが二倍疲れました。coldsweats02

投稿: ばるたん | 2010年9月 4日 (土) 10時06分

バルタンさん
お久しぶりです
返信おくれてすいません
バルタンさんも タンデムでしたか
もう 長期間のタンデムツーリングは
無理との両者の意見でした
歳くいましたよ

投稿: minoguzzi | 2010年9月14日 (火) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106751/49307899

この記事へのトラックバック一覧です: みちのく&北海道 TR Vol.4 終わり 道央 芦別ー富良野ー夕張ー新千歳:

« みちのく&北海道 TR Vol.3 | トップページ | マーヤがやってきた »