« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月24日 (火)

旧車で行く 阿蘇 ヤマナミハイウエイ

P1050089 行ってきました 阿蘇 

ヤマナミハイウエイ 九州ツーリング 

メンバーは クリスさん、Mさん そして 私

取引先のクリスさん 先日来日した折

さすがバイクのメッカ イギリス出身だけあって 

バイクの話で意気投合。

酔った勢いで「今度 日本で 俺のバイクに乗って

ツーリングするか」なんて 適当な事言ってましたら

帰国して一週間後 「そのツーリングはいつする?」

なんて マジなメールが入ってきまして このツーリング

決行にいたりましたんです。

P1050003_3スタートは 福岡でいつもお世話に

なっている ジョーカーモータースさん

彼のバイクはノートンコマンド 750 72年型

出発前に始動方法等 ご主人にアドバイスを受けて

います。

161


HD ウルトラのMさんは福岡のツーリング仲間

今回は我々のツアーガイドをお願いしました。

私のバイクは79年型ローライダー SUキャブや

ショベルオリジナルマフラーに

交換しての処女走行 昔のエー感じのハーレー

テーストになってました。

P1050013天気は二日間降ったりやんだり

場所により 豪雨の傷跡が残ってました。

クリスさん イギリスではHD乗りですが 今回は

自国製のノートンに乗りたいと。。。

P1050018 しかし このノートン

キックスタートのみ それもこつが

あってなかなか始動できません。

毎回 汗だく 

P1050026_2 昼飯 ラーメンぎょうざ

クリスさん 九州ラーメンのとんこつスープを

うまいうまいと絶賛 どうやら六本木のすし屋

よりも気いった様子 翌日も食してました。


P1050086


宿泊先は 黒川温泉の中では

敷地がもっとも広く 離れも数軒あり 食事も

豪華な高級旅館ですが

しかし しかし どちらかというと

カップルがしっぽりとプライベートな時間

を過ごすコンセプト

P1050078 泊まった離れにある 

粋なかけ流し風呂も 野郎達だけの利用では

なんかさみしい感じが・・・

P1050093


11


翌日スタートは晴 再びヤマナミハイウエイから 阿蘇頂上

まで快走

15_3 阿蘇山頂

走行距離 二日間で約450kmでした

クリスさん 大満足で帰国されました

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

第8回平湯キャンプ会 無事終了

P1040168平湯キャンプ会 参加の皆様 雨天にも関わらず

参加 お疲れさまでした。いやー8か月ぶりのキャンプ会

楽しかったです。気になった天候は一日目深夜 タープも倒壊するほどの

豪雨でしたが 翌日は近場の有峰ダムへ仲間でプチツーリング

最終日は猛暑でふらふらになって帰着しました。

もっとも参加者は平湯に雨ありきと覚悟されてますので。

P1040176今年はバイクサイトを利用しました。

Sさんのトラボン、飛び入りさんのRZ350や ニューフェース ヤング

AさんのCB1100なんかが 印象深かったです。

P1040233_2 夜宴 今回の最優秀賞は 闇鍋

ならぬ 闇カレー 各自が持ってる具を

どんどん足していくうちに コンボクッカーから

あふれるほどの量になってしまいましたが

こりゃ うまかった ARさんのカレーでは過去最高の

味でした。お料理詳細は リンクしてます おいらの日記さん、Massiさん そして

かある さんのブログを覗いてくださいませ

P1040245 帰りは 予備タンクのポンプが作動せず

危うく高速道路でガス欠になりかけ 京都でガス補給したら

残り 700ccでした。あぶねー

この会も今年で8年目 できれば10年までは続けて

いきたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

平湯キャンプ会 開催します

状況がかわり 今年も平湯キャンプ会開催します。

場所はいつもの 平湯キャンプ場
日時:2012年7月14日午後4時頃ー16日午前中まで 
場所:平湯キャンプ場 岐阜県吉城郡上宝村平湯768-36 マップル 中部北陸 
P79 6-G R158 沿い 電話:0758-89-2610
今年はロッジではなく バイクのサイトに宴会場設置します。
例年どおり 食事は各自ご用意ねがいます。また
雨天でも決行しますが ドタキャンセルOKですので 参加不参加をご自身で判断
され  オウンリスクでお願いします。台風等暴風雨の場合は中止します。
以上

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »