« 2014年9月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年10月20日 (月)

みちのく 3500km 紅葉 ツーリング Vol.3

P1070716P1070711
三日目 

八播平紅葉ツアー

百沢ー八播平ー西根ー十和田湖ー青森

八幡平 標高約1600メーターだが 

際立った峰をもたず頂上周辺が平坦

近くにそびえる 南部富士 岩手山を

眺めながら アスピーテラインを快走。

P1070700P1070707 

樹海ラインで紅葉の壁を突き進む。

帰りに奥入瀬渓流の道を走り ゴールの

青森のホテルへ 紅葉ツーリング終了

三日間 観光ほとんど無であったが

青森のメジャーなバイクツーリング

コースをほぼ走り切り ライダーの楽しみを満喫させて

もらった。

四日目 番外

P1070731

翌日は台風 、ホテル待機の我々を

見かねて Sさんが車で

八幡平の温泉に連れていって

くれた。一番目は酸ヶ湯 青森の

混浴代名詞のような温泉

6年ぶりだ

プールみたいな大浴槽に男性100人に

対して女性1人って割合 (笑)

残念ながら中の撮影は不可

P1070732そして 二件目 初めての

谷地温泉

登山客の前線基地 とても小さな

透明と白濁の浴槽が二つ。

先に浸かっていた語り部のような

方が温泉の歴史を丁寧に教えてくれた。

60年通っているそうだ。

P1070749P1070754

午後から晴れたので 予定どおり

岩手の国見温泉に泊まる

めずらしいエメラルドの温泉

かなりガスが強い

本日 一日で3つも強い温泉に

浸かり ついに夜中 湯あたりになった

追記

P1070342

血行障害で悩む私の

秘密兵器 DPマシンに

似合わないが 走行中 足を

休ませることのできる

ハイウエイペグ

終わり





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

みちのく 3500km 晩秋紅葉ツーリング Vol.2

P1070468 二日目 津軽半島 シジミツアー

今日から参加する 北九州のTさん なんと

旧車 カワサキ  ZIIで自走してきた。おそらく 

1971年前後のモデル。このZシリーズは現在中古価格が

高騰していて 200-300万円もするレアバイクだ。

往路途中 他のライダーに「ZIIにうまく似せた

ゼッファーですねー」と二度も言われたそうだ (笑)

P1070467ツアコンのSさん 今日は

モトグッチ ステルビオに乗り換えてきた。

彼を含め参加メンバーのうち3名が 

10台以上バイクを持っている。

まさに Live to ride ,No Bike No life を

地で行く輩達だ。

P1070470 地元の参加者 Mさんの

ヤマハの名機 RZV。

2サイクルなので 強制的にツーリングでは

車列最後での走行を指定される。

(煙でくさい)

P1070510 お名前聞き忘れましてすいません 

地元参加の最近のカワサキ Z 全身皮つなぎの

勇ましいイデタチでした

P1070471P1070509

車種バラバラ 一緒のツーリングパーティとは

だれもわかるまい。

P1070491P1070492


津軽半島の海岸道路をひた走る 

昔ながらの風情を漂わす漁村の

軒先をかすめるように進んでいく。

P1070534P1070532

東北西の最果て龍飛岬

P1070535 陽気な龍飛のかーさん

有名人らしい バイカーは彼女の

特製のステッカー目当てにお土産を

買う お見送りのパフォーマンス付

P1070587 P1070578P1070569


龍泊ライン つづれ折の急角度の

道で始まり 後半は海岸沿いの快走ルート。

P1070596昼飯はしじみで

有名な 十三湖で しじみづくし

独特のコクのあるシジミの

クラムチャウダー あっさりした

塩ラーメンどれもめちゃ旨い

P1070626 P1070623

いか焼き屋が立ち並ぶ道で一服

なにやら 映画で有名な「わさお」

という犬がいて 人だかりになっていた
P1070650P1070651

その晩はロッジに宿泊


P1070656 ロッジ本館で 津軽三味線の

ライブをやっていた。アナログのやさしい

音色 ほろよい気味の皆 聞き込む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みちのく 3500km 晩秋紅葉ツーリング Vol.1

 P1070765 2年前 九州ツーリングに連れていった

取引先Mr.クリスのリクエストで 今度は青森ツーリングを

企画。当人は ドタキャンだったが 誘った仲間の

行きたい!って熱意でそのまま決行。

 P1070340_2参加は北九州のバイク仲間

MさんとTさん。

関西からは キャンプツーリング仲間のUさん

と私の四名。全員年齢 50中から60歳の

後期中年であるが長年バイクに乗り続けてきた 

バリバリのフルタイムバイカー達だ。

各自バラバラ 自走で現地に向かうが Mさんは

私の自宅で一泊、関西のうまい どて焼き、串カツと

関西グルメをたっぷり味わって前夜祭。

翌日 夜間割引を狙って まっくら3時過ぎに

二人で出発。青森まで走って 高速代金13000円

ちょい。

 P1070343

青森中央のホテルに 午後9時半着

約1100キロ 19時間の長距離走行。関西のUさんは

R100GSですでに到着していた。北九州のMさん

この時点ですでに走行 1700km!

P1070455P1070348翌朝は 今回の

ツアーコンダクター青森地元のSさんが

BMWのHP2で登場 3日間のコース設定は

彼にすべてお願いした。

まず第一日目は 下北半島 大間マグロツアーだ

青森ー恐山ー薬研ー大間ー川内ー青森

P1070353P1070363P1070373

P1070383交通量の少ない車幅の広い国道を

かなりのペースで快走。途中 六ヶ所村や

大間原発建設現場など 大規模な原子力施設 横を

走りすぎる。国策の変更で風力発電や

太陽光発電施設が多数設置されていた。

P1070424お約束 大間のまぐろ

いい魚は都会にほとんど送られてしまうが

Sさんのコネで特別に用意してもらった

感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2015年2月 »