カテゴリー「笠置氷点下キャンプ会」の記事

2011年3月 6日 (日)

第8回 笠置氷点下CP会無事終了しました

P3050155 仕切り直しの第8回 笠置氷点下キャンプ会

無事終了しました。深夜にはマイナス2度になり

「第8回として 認定OK!」との参加者の

方々の認定も頂きました。第10回まで後2回 がんばります

P3050159 例によって N師匠の料理ワゴン

おいしい料理の連発 いつもありがとうっす!

P3050162 戦国時代の陣地みたいに

タープをたてに張り 風よけをつくり 数台の炭火台で

まあまあ 暖かかったです。

しかし  3月初めでは このキャンプ場も

こんなに暖かくなるのかと 例年の2月キャンプ会の

厳しさを皆であらためて認識したしだいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

第8回笠置キャンプ会のご案内

P2131005 昨年の様子

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいします。
今日はめっちゃ寒いですね。今朝シンガポールから
帰ってきたのでなおさらです。
さて、お待たせしました 非日常的体験願望症候群の
方々為の 笠置氷点下キャンプ会のご案内です。
もう8年目になりました どうりで皆 年取ったわけです
笑 ほじゃ 今年も「げ~さむ~」って叫びながら
キャンプファイヤーと料理を楽しみましょう。
                   記
1.第8回 笠置氷点下キャンプ会
2.開催日 平成22年2月12日(土曜)午後3時頃 より
       2月13日(日曜)午前中
3.場所 笠置キャンプ場 京都府笠置町 木津川 河川敷

http://kasagi.kyoto-fsci.or.jp/ENJOY/CAMP/index.html
  4.鍋料理 及び 鯛の塩窯蒸しの費用は参加費に含まれていますが
  原則 ご自分の食糧は持参願います。いつものように少し多めに用意されて
  みんなに振舞っていただければありがたいです。
  食材で金額の張るものは一部こちらで負担しますので申し出てくださいまし。
5.参加費: 大人一人2000円 子供1000円
  (廃材とトラックを用意していただいた会社への商品券と
   鍋と鯛塩窯蒸しの食材費にあてます)
  キャンプ場利用代が別途一人400円掛かります。
6.基本的に 大雪でないかぎり このCP会は決行します。
 しかしながら 時期的に 当日 雪や路面凍結等 参加が危険や
 困難な場合もあります。各自参加される方は 当日の天気状況を 
 ご判断の上オウンリスクで参加不参加を決めてください。
 参加途中に悪天候になり危険と判断された場合は引き返してくださいませ
 参加費のキャンセル料は頂きませんので 安全第一でお願いします。
7.当日はかなり冷え込みます。防寒具や毛布等 寒さ対策を十分に用意の上参加ねが
います
8.今年からバイクでの参加はOKとしますが 上記6の通り
凍結 降雪の場合もありますので 各自ご判断の上 オウンリスクでおねがいします
  車の方もチェーン携行をお勧めします
9ドタ参加ドタキャンセルまったくOKですが 安全確認の為参加される方は
当日までに 私宛連絡おねがいしま

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

第7回笠置氷点下キャンプ会 無事終了

P2130991 CP会参加の皆さま

お疲れさまでした。天候に恵まれ

ゆったりしたCP会となりました。

P2130994 昨年と同様

タープは張らず 戦国陣地みたいに

風よけにたて張り。煙が流れず

効果的です

P2130997P2131005 P2131008

でっかい鯛をダッジオーブンで

塩釜 恒例の料理です

P2131000 P2131017 

初回より全て参加され 毎回

何種類もの料理を次から次へと

作りまくる N師匠。今年も

その手際よさと美味しさに

参加者感嘆してました。

来年もよろしくす 

P2131024

私のダッジオーブンも

N師匠にかかると 厳しく

調教されて すごい仕事ぶり

P2141033 今回初参加のTさん

オフロードツーリングの仲間ですが

この人も料理人 特製ソースを持ち込み

単なるソーセージ焼きも別の料理に

P2141034 初参加のHさん この人も

キャンプの達人 石油の七輪!?

これを寒い時には テントや車にいれて

暖房するとか・・・ ドラム缶風呂がお得意だそうで

来年の笠置CP会は風呂付になるかも

P2131029 P2141031

この会もはやいもので 今年で7年目

不況のあおりで廃材入手もピンチでしたが 

なんとか今年も無事に終えることができました。

みなさん サポートありがとう

また 来年!

PS.N師匠とブログとリンクはります よろぴく

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

第7回笠置氷点下キャンプ会

P2070577 昨年の様子

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいします。
さて、非日常的体験願望症候群の
皆さま お待たせ致しました、
笠置氷点下キャンプ会のご案内です。
今年も「さむ~」って叫びながら
キャンプファイヤーと料理を楽しみましょう。
                   記
1.第7回 笠置氷点下キャンプ会
2.開催日 平成22年2月13日(土曜)午後3時頃 より
       2月14日(日曜)午前中
3.場所 笠置キャンプ場 京都府笠置町 木津川 河川敷
  http://www.channel-e.tv/alphakun/kasagi/kyotoD6-1.html
4.鍋料理 及び 鯛の塩窯蒸しの費用は参加費に含まれていますが
  原則 ご自分の食糧は持参願います。いつものように少し多めに用意されて
  みんなに振舞っていただければありがたいです。
  食材で金額の張るものは一部こちらで負担しますので申し出てくださいまし。
5.参加費: 大人一人2000円 子供1000円
  (廃材とトラックを用意していただいた会社への商品券と
   鍋と鯛塩窯蒸しの食材費にあてます)
  キャンプ場利用代が別途一人400円掛かります。
6.基本的に 大雪でないかぎり このCP会は決行します。
 しかしながら 時期的に 当日 雪や路面凍結等 参加が危険や
 困難な場合もあります。各自参加される方は 当日の天気状況を 
 ご判断の上オウンリスクで参加不参加を決めてください。
 参加費のキャンセル料は頂きませんので 安全第一でお願いします。
7.当日はかなり冷え込みます。防寒具や毛布等 寒さ対策を十分に用意の上参加ねが
います
8.バイクでの参加はご遠慮願います。一昨年も2日目に雪が降りました。
  危険ですので 今年から車は電車のみの参加でお願いします・
  車の方もチェーン携行をお勧めします。
以上

| | コメント (2) | トラックバック (1)

北摂スノーアタック

P1101001 P1101015

富山から 雪道不足で

ストレス気味に帰宅した矢先

ジムニー友達のほっけさんから

スノーアタックのお誘い。。。いや そんな

大袈裟なものでは 単に雪道を走るだけで

満足なんですが

P1100986

場所はいつもの京北から477号、

京都北部から貴船への山越え

ルート。貴船の山越え道を

わき道に逸れると 

期待通りの雪道 それもオフロード付き(笑い)

ほっけさんと二人で大喜び!

待ってましたとばかり 雪を掻き揚げて

山道を進む。狭い道でも軽四の

ジムニーなら楽勝でっす。

P1100994次回はここで

雪中キャンプやねと二人で相談

P1101006 P1101009

気分良く下ってると ほっけさんがスローダウン

Why? なんと タイヤがパンク

尖った石で切り裂いたようだ

P1101019

最後はお決まりの不動温泉

うぬ!? いつもと様子が違う。

ドラが鳴り ほら笛を吹いているのは山伏?

近づくと 「いいことがあるから」と 温泉の

おかーさんに勧められ 二人揃ってお参りすることに。

真言宗の祈祷は大迫力でした。

参加

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

第6回笠置氷点下CP会 無事終了

P2070597 CP会参加の皆さま お疲れさま

でした。風邪とお仕事で参加断念された

皆さま また 来年 お待ちしてます~

P2070565_2 今年は廃材の量を

2トン車一台分にしました。

一晩&朝分で適量でした。

P20705711 深夜でも 0度前後のすごしやすい

天候でした。おかしいですね 昨年の平湯CP会といい 

今回の笠置CP会といい 天気に恵まれすぎてます。

今年の平湯CP会はまた 荒れるかも(ぞわ)

P2070577

5時前には早くも準備が整い 宴会開始す。

タープで大型の風よけを設置。これは

効果抜群 煙が上にあがり

焚き火を小さく囲むことができました。

P2070573

恒例の鯛の塩釜蒸しの準備

鯛が大きすぎて ダッチオーブンに

入りませんので 切断す。

P2070589P2070590_2 紙と

卵白を混ぜた岩塩で鯛を包み

ダッジオーブンで上下から

加熱します。

P20705982 今年もNさん

調理で大暴れ 次から次えと

料理を繰り出してくれました。

彼の機材一式 移動キャラバンの

コック長って感じでした。

また 来年もよろしくす

参加された ダッカールさんの下記ブログで

綺麗なCP会の写真がアップされてます。

http://blogs.yahoo.co.jp/dakartake/29158972.html

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

笠置CP会 その2

Yukidaruma2

photo by N-san

参加された方のブログレポす

よろしければ 覗いてみてくださいまし。

リンクしているマエチン師匠もアップされたますだ

のーさん

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/k1024gs/

じんさん

http://blog.goo.ne.jp/ku_neru_hashiru/

Paeria2 パエリアです

photo by N-san

Photo_3 鯛の塩釜蒸しだす

photo by じんさん

Kakiguratan2 牡蠣グラタンす

photo by N-san

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

第五回笠置氷点下CP会無事終了

Nec_0060 CP会参加の皆さま お疲れさまでした。

廃材の搬入、設営、食材準備 調達 料理 いろいろと

ご協力ありがとうございました。ビッグキャンプファイヤーと

大型料理 今年もとっても楽しいCP会となりました。

また 今朝の雪は危ないとこでしたが どうにか 

皆さん無事帰着でほっとしてます。

P2020084

思い出すだけで冷や汗がでる 昨年の笠置CP場

4トンロング突入トラック破損。例年廃材をもらう

取引先には 今年は2トンと1トン車に

廃材を積みこんでもらった。

今晩から雨の予報 昨年の平湯CP会用に

買った大型タープ設営した、

P2020095

トラックを大阪にもどし 割烹屋さんに

鍋材料を取りに行き 再度CP場に

戻ったのは6時頃。皆 おなかを空かして

待っていた。

P2020110

早速 持ってきた食材をまえちん師匠が

手際よく調理。割烹やさん特製白子入り味噌鍋 

鯛の塩釜、インド味噌汁 サンバーなどなど

P2020099

Nさんもアウトドア本格料理人だ

知らぬまにソーセージをスモーク。

ダッジオーブンを巧みに使って

ピザやらなんやら どんどん

つまみをつくる

ジンさんは サムゲダン その

絶妙なスープ味に皆がうなった

私の定番パエリアも出来上がり5分で無くなる。

酒と楽しい会話で

食欲が進む?

総勢16名 雨の中 例年の

豪快さはなかったが 外の焚き火を

タープ下に持ち込み ゆったりとした

暖かいCP会となった。やっやめられまへんな~

よかったら参加の方のブログを覗いてみてくださいまし。

たけさん

http://blogs.yahoo.co.jp/dakartake/14082614.html

赤影さん

http://blog.goo.ne.jp/microsoft2023/m/200802

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

第四回笠置氷点下CP会 無事終了

Sany0113

2月3日午後4時ごろ開始 翌日午前11時頃無事

終了しました。参加のみなさま お疲れさまでした。

また 残念ながら当日参加不可の方々 来年

お会いしましょう。 いや~ 顔面からサーと

血の引くビッグミステークあり 詳細レポは追って。。。

リンクしている ダカールさんのブログに

綺麗な写真がアップされてます どうぞ

ごらんくださいまし

http://blogs.yahoo.co.jp/ktake231228/MYBLOG/yblog.html?fid=971353#9839417

ほな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

第三回笠置氷点下キャンプ会無事終了

・・・・って 氷点下キャンプ会と称してますが

昨年に続き今年も暖かく 氷点下になったかどうか 

自信ナイス(無責任) ははは  しゅん

CIMG2572

05年度は燃やす廃材足らず 今年は 

トラック2台分の大量の廃材をキャンプ場に持ち込み。

取引先のN社さんには 廃材の収集だけでなく 

トラックに積みやすいよう細かくしてくれ 更にトラックも

貸して頂きました。大感謝す。また 運搬を手伝ってくれた

S君ありがとう。

野宴は 4時ごろスタート・・・したらしい。

今回は ダッジオーブン3-4個 その他鍋 プラス調理道具

一式を常時車に積載しているM君,

我が料理の師匠 M嬢さん、

そして 鍋奉行N谷くんなど参加 

料理人には事欠かず。

Mくんの ミネストローネでスタート

CIMG2581

N谷君定番の粕汁  

年々磨きがかかりますな~

CIMG2582

お約束の鯛の塩釜

今日はS君と彼女が挑戦・・って

CIMG2593

見事2時間ぐらいでごらんの通り 好評でした。

ほっけさん これも上等な肉持参 彼定番の焼肉開始

いのさん げっげ! 鳥唐揚げ 串かつと じゅうじゅうって

キャンプ場の調理音とちゃいますよ(笑)

師匠の現場手作りマヨネーズで 串カツを

パクリ うめ~

CIMG2587

おお 京都のKさん 飛び入りす。

モトグッチクラブでお世話になっている方で

イタリアの食文化大好きな人だもんで

いきなり取り出したる スプマンテ(

それも トリノ開会に合わせて 

”オリンピック”ってブランド、

ワイン 自作拘りジュノベーゼ、イタリアン

ポッキー(また名前忘れた)と 参加のこてこて

ジャパニーズキャンパーのメンバーも

この異文化交流を大いに楽しんだのでした。

CIMG2610

しかし よく燃やしました 深夜まで ただっ広いキャンプ場で

煌煌と。しまいには 近くのキャンパーが廃材をもらいにくる

始末 10時過ぎ 常連のN島君も到着 

CIMG2618

翌日も早朝からまた 燃やし続け 食べ続け

CIMG2622

10時頃ようやく全ての廃材が無くなりました。

今回は 日帰りの方を含め 13名参加頂きました。

皆さんお疲れ様でした また 来年もやりましょう。

・・・・え~んか 地球温暖化 ボソ 

| | コメント (8) | トラックバック (1)