カテゴリー「海外旅行」の記事

2012年10月 8日 (月)

モンゴル 縦走 その4 その他


P1050456
 モンゴル相撲を観戦

P1050458_2


 馬乳酒をふるまって

もらうが たぶん日本人には

免疫がないのか 下剤なみの

効果あり(苦笑)

P1050473 子供達の馬のレース

8歳ぐらいから乗馬を始めるらしい

P1050555P1050556 

運転手さんの知り合い

ラクダの放牧一家を訪れる

太陽光発電に衛星放送アンテナ

携帯電話、BSテレビと近代化?

されていた

P1050570 ラクダに乗せて

もらう 高くマジ怖い

P1050559 放牧のラクダ追いも

昔は馬で 今は中国製バイク

価格は4万円ぐらい 安い

P1050601 ガソリンは田舎だと

82のオクタン価 バイクが加速しなくなる

都会だと 90ぐらいのハイオクもある

P1050387 郊外で よく見かけた

ロシア製四輪駆動車 ウアズ フルコノ

200万円ちょいと安いらしいが

乗り心地は最悪だそうだ

P1050780 今回の運転で一番

怖かったのが ウランバトール市内だ。

バイクなんか走っていない 平気で

前に割り込んでくる。

ウランバトールには モンゴル人口

270万人の内 150万人が

集まる

金銀銅 ウランに石炭石油と

資源が豊かで ここ数年の

資源好景気で街は建設ラッシュだった

P1050640P1050639_3

ゴビ砂漠 保護区の

博物館 恐竜の卵や骨の化石が

なにげなく展示されていた

「これから DNA取って 恐竜を再生し

広大なモンゴルの草原で ジュラシックパークを

やるのが モンゴルの一大ビジネスじゃ」と

提案したら まじで 「やりたいが

技術がない」との返答でした なはは







| | コメント (3) | トラックバック (0)

モンゴル 縦走 その3 宿泊編

P1050385P1050381

小さな村には ゾーチドボータルという

簡易宿泊所(2万トグル 1300円ぐらい)があって

旅行中 2回利用した。シャワーもなく ベッドが

あって寝るだけ 

P1050480P1050482 

L_8f0f0da5c74d35ad36dedda3cee043df9

二日間は ツーリストゲル

に泊まる。観光客として多いヨーロッパのお客用にて

ゲル内は清潔で暖房もあり 母屋には シャワーや

マッサージも完備

P1050740P1050738 最後の晩は ホテルもゲルも

利用できず 病院の入院室に泊めてもらった。

お互い助け合いなのである。

P1050735 その時 運転手さんが 敷いてくれた

のが オオカミの毛皮

冬にオオカミ狩りをやり 自家製だそうです。

ツアーのプログラムにもあるそうな (私は殺生きらいなんで

興味ないですが)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンゴル 縦走 その2

P10502762時間ほど 走っては 休憩

お茶します。 借りたバイクは ヤマハセロー250

なんちゃってオフローダの私には十分でしたが

相棒のSさんには サス パワーがプアーで

ちょっと物足りなさそうでした。

ナビライダーの コーリャンさん

サポートカーにドライバーのメンデさん 

そして 通訳のマルンさんの3名

皆礼儀正しく 気が利いて 1週間気持ち

良い旅ができました。

P1050549

ナビライダーのコーリャンさん 62歳

すきのない見事なライディング

それもそのはず

モンゴルのオフロード7回 アイスレースで

3回チャンピンだったそうで 海外

レースでも11位入賞の強者でした。

これがまた 愛嬌のある

人のいい おっちゃんなんです

P1050344


フラットダートがメインですが

途中 突然大きなギャップがあったり

砂でふかふかの道があったりと

基礎的なオフロード走行技術が必要です。

P1050769放牧されている

馬、牛 羊 ラクダ などが

道を遮ったりします。そして 道のそこらじゅうに

糞が 「ここでコケテ 顔面くそに突っ込んだら

いやだな」なんてアホなことを

考えながら走ってました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

サインバイノウ(こんにちは) モンゴル縦走 1700km その1

P1050591 青森のGS友達のSさんに誘われて

行ってきました モンゴル オフロード ツーリング

1週間 

P1050220 モンゴル 北部の首都 ウランバトール

(赤い英雄)から 約800キロ南下 ゴビ砂漠の保護地区で折り返し

北上 合計 約1700キロを走行。

98%が未舗装路という 1週間オフロード漬け

なんちゃってオフライダーの私は

日本では年間百数十キロしかオフロード

走りませんから 1週間で10年分です(笑)

P1050271P1050585 

ウランバートルから

20キロ郊外から オフロードが始まり

ます。とにかく 地平線の彼方まで

道が延び そのあたりまで行くと

また 次の地平線まで 道が続くって

感じです。 続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

ヨーロッパ 5か国 ツーリング アルプス 峠めぐり 

P1030203最後の晩 ミュンヘンのイタ飯屋で

「モトグッチ 日本で乗ってる、グラッパは最高!」

なんて話していたら 主人のロナルドさん ご機嫌になって

1杯目以外はおごり! ごっつあんです。

ロナルドさん 現役の映画俳優だそうで 出演した

ポルノ映画を見せてくれました。

Cimg0732


Cimg0734 アウトライダー誌で

20年以上前から気になっていた 道祖神という

アフリカとバイクツアーを得意とした

旅行社。ついに彼らのツアーに参加した。

10日間 ヨーロッパ 5か国 アルプス周り

をひた走る マニアのツアーだ。

写真は イタリアのステルビオ峠

60数か所のヘアピンカーブ

峠の頂上の高さはなんと 2700メーター

連日 フルカ峠など 2000メーター以上の

峠を走破

Cimg0948 バイクはスタートのミュンヘンで

BMWをレンタル。ハイエンドR1200RTをチョイスした。

電子サス、電動スクリーン、シートヒーター、音楽に

マッサージ機(うそ) もう至れりつくせりの 旅用

究極マシンでした。←まだ 日本で乗るには

ちと早い 

P1020447P1010343_2

高度が高いので バイクもFI車だけ

P1020123_2添乗員がつき

荷物は車でホテルから次の目的地まで

運んでくれる。基本的には集合地点を

朝決めて あとは自由に走る。

添乗員の車には Never Give Upの

日章旗が 現地で注目されていた

Cimg0513_2

硫黄島上陸ではありません。

峠の看板にステッカーを張るのが

現地ライダーの習わしとかで

日本のステッカーも張っときました

P1000274_3

今年は震災の関係で参加は中部と

関西からだけ 4台でした。

次は南米のオフロードツアーに参加してみたい

ほんまか

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

中国近況 諸々

P4240132 新しい虹橋空港に併設された 上海 虹橋駅 

出発ホール めちゃくちゃでかい 

縦500-600m 幅200mぐらいの広さです。

P4250139 P4250190 P4240137

蘇州の特別開発区 鄧小平の肝いりの特別中

の特別 シンガポールと共同開発しただけ

あって 数車線の直線道路で

整然とならんだ 居住区 工場 そして

緑の大型公園 こんなスケールのでかい

計画都市を見たのは初めてだ

P4250154  P4250160

詩で有名は蘇州 寒山寺に10年ほど

前に建設されたお寺

中には重さ100数トンの青銅鋳物の鐘があり

10元で3回この丸太で打てる

P4260219 P4260218 徐州の

博物館にあった ラストエンペラー

溥儀の写真 右は満州国の国旗だ

P4260223 P4260224

左の写真の足元を見てほしい

纏足だ。右の写真がその靴

女性は足が小さいほど美しいと

された中国の奇習だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

中国鉄道 近況

P4230144_2 1年ぶりの中国

発展の勢いは止まっていない。

北京から南西の保定市に 鉄道で向かった。

車両は D車 時速250キロまでの高速鉄道だ。

他に現在中国にはC車:新幹線 最高速度380キロ 

現在広州ー武漢で運行 北京ー上海もこの6月に運行開始

T車:特急、K車:普通車などがある。

P42201341時間半ほど乗車したが 揺れも少なく

乗り心地はかなり快適。もっとも線路はほぼ直線だが。

この車両は日本製 現在は中国メーカーが技術提携を

海外から受け自国生産している。

P4220137_2 駅弁 25元 まあまあの味であった。

パックの技術が日本とそん色ない。

P4230145駅前の工事現場

福島原発放水で有名になった

中国メーカーのコンクリート

圧送車が活躍していた。

110423_205649 

移動して 上海へ 夜は

日本料理店 原発問題で空いて

いるかと思いきや 満員。

原発事故前は 「材料は日本産」が

売りだったが 今は「材料は

中国産だから安全」・・・てなんじゃそりゃ

がく        

110423_213526 都会の

ど真ん中の公園で

踊る中年のおばさん達

音楽はちょっと前のディスコの

ようなちがうような

同じようなシーンを北京でもみた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

スワハー ヒンズー教結婚式 

Pc080037 インド人の取引先に結婚式に招待された

ヒンズー教の伝統的なやり方だ

プリストという 司教というか坊さんが儀式を仕切るのだが

日本の寺の住職とは別に 結婚式や葬式のためだけの

坊さんがいて 各家庭ごとに雇っているらしい

お経は全て暗記 相当厳しい修行をしてきている

らしいが インド近代化によりこの古い儀式も減りつつあり

このプリスト自体が減少しつつあるそうだ

Pc080042 一日目は同じ式場で新郎新婦家族別々に

祈りをささげる。お経はサンスクリット語だ スワハ~

ヒンズー教はもともとは宗教では無く 生活習慣だったそうだ

Pc090115 二日目の主儀式は 一転 物語風に

儀式が進む 新婦の親父が結婚に反対し 離れていく

新郎をまた呼び戻し 最後に娘を渡す

Pc090152  ちょっと分かりにくいが

新婦の父親の上に娘が座り そして

娘を手渡す儀式

このヒンズー教の結婚式 両家の費用全て

新婦側が負担となっており 娘親は大変なのである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

ソバダイ カンボジア 2

P3291237 現地で売れているのは

トヨタ 続いて スズキ

レクサス(ランクル)が超人気車種 

密輸されている車も多いとか

P3301265 街中 商店街では

大概の物が揃う

P3301320

大型百貨店もある

P3301292車のタクシーやバスがないので

バイクタクシーが唯一の公衆交通機関

P3301300 バイク屋

日本からの中古車か

XRとかホンダのオフロードモデルがずらり

ヨーロッパ人が買いに来ていた。

おそらく旅に使うのであろう

P3301291 白バイ?

P3301380 P3301382

とにかく カブが生活の足

3人乗りなんて当たり前

写真の一家5人乗りなんてのも

日本製のカブは10-20万円ぐらいで

中国製はその半値とか

P3301368 P3291232現地の食事は

ココナッツミルクをベースにしたものが

多かった パクチーも効いて インドネシア半島の

食事はなにか同じ味付けが多い

P3301371 

メコン川そばの洒落たレストラン

近年 上流側に多くのダムが建設され

水位低下や魚種の減少が問題になっている

P3301364屋台の焼きバナナ

P3301336 P3301337

衣料マーケット アメ横みたいだが

縫製も中でやっていた。

Tシャツ一枚 2百数十円

靴 一速900円 

ブランド物は輸入税が低いので

安いとか

P3301313 ポルポト時代に

監獄として使われた高校の博物館

拷問部屋や写真 そしてスカル陳列

など 言葉を失う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ソバダイ カンボジア Vol.1

P3271029 P3271033

「そば大」とちがいます。カンボジア語で

How are you?という意味です。

取引先に誘われて行ってきました

カンボジア 首都 プノンペンは活況、

ビルがどんどん建設されてました。

P3271028 中国政府の援助で

建設した政府の建物

日本は橋 道 港とインフラ整備に随分貢献

してきましたが 民間の投資金額では 中国が

日本の数十倍と ビジネスでは完全に

おいていかれてます。3000社以上の中国メーカーが

進出しているそうな。

P3271044 韓国も投資多く

これは近代的なマンション

P3271064ダムの竣工式に

参加のため 南下。これは

4号線 アメリカの援助で作った

道だそうだ。路面はかなりよい

P3271070

大型バイクもたまに見かけた。

これはドイツ人の中年おやじが

乗っていた。

P3281108 一泊目 シアヌーク港

近くの超高級リゾートホテル プライベートビーチもある

P3281137 国道沿いの典型的な

民家。住まいは二階

雨季の洪水対策だそうだ。

カンボジアの結婚は 結婚前に新郎候補が半年間

この一階で生活し 無償で農作業を手伝う。

娘の親は その男の仕事ぶりで結婚の可否を判断するそうな。

きびしいのである

P3281138 国道沿いのマーケット

P3281149

P3281151

産業の50%は農業

電化率も約20% 農家の子供の数は10数名

地方に行くとかなりの田舎

この国の平均年収が 900ドル弱 月収だと70ドルぐらい

P3281156 90%が仏教徒

日本の仏壇みたいなものか

写真の置物が各家の門のところに

置かれていた。

P3281171 南部の平原が続く

P3291190 ダムの竣工式

大臣が参加していた。水力発電の

このプロジェクトは当初 日本政府に

計画を依頼されていたが 日本側の対応悪く

政府は中国の民間デベロッパーに5.4億ドルで

発注したそうな。仏教の国 式典は

主賓が坊さんにあいさつしてから始まった。

P3291227 ダムの建設現場

技術者はALL 中国人 現場作業員の半分も中国人

大陸が大勢やってくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)